12月23日!オットも休み!雪が少なく、予定のスキー場はまだ閉鎖。
よし!それなら大掃除ならぬ「家じゅう思い切り断捨離しよう!」と超張り切ったなな。

そして、たった一部屋のしかも半分くらいの捨てる作業で、筋肉痛2日取れないという、情けない事態に陥っております(;´・ω・)

おもちゃがわけもわからない状態で積んであった我が子の部屋。
子どもに聞きながら捨てたかったので、子がお休み&オットもいてちょうどいい♪
と最初は一番張り切り、最後は一番バテたななママ。。

 

スポンサーリンク

体力のない人は一日かけて捨てる作業をしようとか思わないほうがいいよ

休みだ!一日かけて思い切り捨てるぞ~~!!と頭で思い描いているほどは意外と簡単に捨てられないです(´;ω;`)ウゥゥ

いや、捨てること自体は、子どもの判断が早かったのでよかったのですが、

 

捨てる作業で一番やってはいけないと言われている(ことを捨てた後に知った。。)

「一回で一部屋とか範囲を広げすぎてはいけない。机一つでも多すぎるくらい」

という原則を思い切り無視したことが、この異常な疲れの原因かと。。

 

それに持ってきて、ななは普段準寝たきりみたいなものですから、

そりゃいきなり張り切って2時間びっしり捨てる作業したら疲れますわな。。

え?一番の原因は体力のなさじゃない?って?うん。その通りなんですわ( *´艸`)

 

オットは階段下のめっちゃ汚いところを捨てる担当だったが疲れてない

ほら。ただ単に体力の差じゃん。

まあ、仕事量はオットのほうがはるかに多いですわ。

うちの階段下は入り口が90センチくらいしかなく、出たり入ったりするのに、いちいちしゃがまないといけないからね。

 

それでいて、階段下の捨てる作業が終わった後、

子どもの部屋の断捨離で出てきた「5~6袋」の大きい袋をシャーシャーと

「これ、オフハウスにもっていけばいいんでしょ?」と車に運んでいた(*_*)

え?なな?「お願い。。。」と言いながら布団で倒れてました(苦笑)

 

断捨離マラソンという言葉の通りに捨てるのが正しいと心から悟った

23日は、なな的には「断捨離50m全力疾走」状態でした。。

確かにきれいにはなった。なったけれど、筋肉痛ひどくて、家事するのも大変(*_*)

 

ああ、だから「マラソン」のように、捨てるペースの配分をきちんとして、少しずつ確実にきれいにしていくのが正しいのね。と。

 

話すのもままならない23日に、iPadで見ました。

「捨てる作業をするのは、机一つでも多い。机の引き出し一つ分ずつくらいがちょうどよい。そうして一回捨ててしまえば、あとはその状態を保てばいい」

ああああ、もう、すごい言っている意味わかります。。

これだけ(どれだけ?)疲れまくっているのに、子ども部屋はまだ半分くらい捨てる作業が残ってますからね。。

 

年末だ!思いきり捨てまくるぞ!!と思っている方。

体力に自信がない場合は「50m全力疾走型」ではなく「断捨離マラソン型」に切り替えたほうがいいです。いやホント。。

 

来年の年末までに家じゅうの「使わないもの」を捨てる。と考えるくらいでちょうどいいのかもしれませんね((+_+))

でも、ダレないように、計画は立てておこうっと♪

スポンサーリンク