断捨離大ブーム!人生が変わる!暮らしも変わると聞いたらやるしかない!
と意気込んで、ゴミ袋30個捨ててやったり~~♪

さあ!これで人生変わる!暮らしも変わる。。。???

  • アレ?捨てたモノを使う場面が出てきちゃった。また買うの~??
  • あの写真、どうして捨てちゃったんだろう。。

今まで、断捨離で「失敗した!」ということが、幸いにも1度もなかったななが、

なぜ断捨離で後悔してしまうのか、後悔しない断捨離はどうすればいいのか。
を自分自身のこれからのためにも振り返り、書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

最初から「断捨離マスター」を目指さない。3割できれば合格!

おそらくですね。捨てたことを後悔する人って、完璧主義の方が多いような気がするんですね。
プラス几帳面。

なので「3日くらいで40リットルゴミ30袋出した!」と、一気にやってしまっているのでは?と思うのです。

近所に通報される?ほどのゴミ屋敷でもない限り、ゴミ袋30袋出すには、
物置の中、クローゼット、キッチンなどなど。。。

家のすべての「不要」と「思ったモノ」を一気に片づけないと30袋には多分なりません。

 

一気に捨てると思考が停止してしまう??

あれ?私だけでしたらすみませんm(__)m

ワタシなんぞ、子ども部屋の半分を2時間程度捨てる作業しただけで、
疲れすぎて、思考も身体活動も停止してしまいました(;´・ω・)

捨てる作業って、思っているより頭も体も使うんですよね!

疲れていると、冷静に考えられなくなるのかも!?

断捨離後悔

断捨離本のルールに厳密に従って捨てようとしない

  • 1年使ってないものは捨てましょう
  • ときめかないものは捨てましょう
  • 「いつか使う」の「いつか」は来ない。捨てましょう

などなど、色んな基準?がありますよね?

 

でもね。多分ね。ななはね。
「ルール」は「道しるべ」であって「自分の勘」が一番大事だと思うの☆彡

それ一番わかりづらいわ!!って怒られたような気がする。。。

 

生ごみ、鼻をかんだティッシュは言われなくても捨てるでしょ?

すごいオーバーな例を書いたけれど、
断捨離を始めた最初のうちって、明らかに「ゴミ」ってものがたくさんあるのが通常だと思うんですね。

存在すら忘れてた服やモノとか、賞味期限3年前のシロモノとか、まあ色々さ☆彡
え?そんなものないよって?

最初は、そのような「ゴミ」を捨てることができれば合格だと思うんです。

 

だって、賞味期限1年前の牛乳を
「ああ!!牛乳使いたかったのに、何で捨てちゃったんだろう!」って後悔する人、
多分いないよね(#^^#)

 

捨てることに全力疾走しない。マラソンで行こうよ♪

なな個人が「ガッテン!」と思ったのは、

捨てるときは机の引き出し一つ。と場所を思い切り狭く限定して行う。
机全部は、一回の捨てる作業には多すぎる量だ。

という文面でした。

 

断捨離は最初に書いたように
「暮らしやすい空間を作る」ことが目標になると思います。

ですので「丁寧に」「じっくり考えて」捨てることが大事なんだな~。と勉強になりました。

 

同じ場所を何度も見返していい(#^^#)

一度捨てた作業に入った場所は二度と捨ててはなりませぬ。
というルールは存在しないはず。

「キッチンの断捨離をしたけれど、まだ今一つだな~」と思えば、何回だって捨てる作業をしていいですよね☆彡

 

まとめ

気持ちよく暮らせるようになること。が目標なのだから、数年かかったっていいはず♪

そのうちに、いきなり自分ルールにひらめく瞬間があるかもしれません。
実はななも、2年越しで「一つの閃き」を得た一人♪

断捨離も節約も「一生をかけて」やるものなんでしょうね(#^^#)

スポンサーリンク