節約や貯金系のブログには何気なく出てきてるであろう「コスパのいいものを云々。。」
しかし!オットに言われた!

「コスパって何?」とね。

 

ブログやサイトというものは、 意味不明な言葉が出てきた時点で読む気が失せますので、

「おおお!コスパの意味超わかった!」と言っていただけるよう、
頑張って解説してまいりますm(__)m

 

スポンサーリンク

コストパフォーマンスという言葉は節約や貯金をしていく上でとても重要!

そもそも「コスパ」なんて言葉知る必要あるの?と思われたあなた♪

知っていたほうが人生オトクします♪

「コストパフォーマンス」というものを知っているか知らないかで、
ななとしては「人生80年で500万円は違ってくる」と思っているくらいです。

おおお!それなら知っておきたいと思ったでしょ♪(ゴーイン)

 

モノを買った時に、払った分の働きをどのくらいしてくれるかが「コスパ」

これでは意味わかりませんよね。詳しく説明いたしますm(__)m

 

2万円の電子レンジを買いました。

  1. 一回目に買った電子レンジは3年使えました。
  2. 二回目に買った電子レンジは5年使えました。

「コストパフォーマンス」がいい電子レンジはどちらですか?

答えは5年使えた電子レンジです。なぜですか?

 

同じ値段で買って長く使えた=一年分の値段が安くなる=コスパがいい

1番の「3年使えた」電子レンジの一年分の値段は
20,000円÷3年=約6700円

2番の「5年使えた」電子レンジの一年分の値段は
20,000円÷5年=4000円

 

同じ電子レンジですが、一年の値段で考えたときに、長く使える電子レンジのほうが
「安い=オトク」ですよね?

この「オトク」が「コストパフォーマンス」です☆彡

コストパフォーマンスとは?

 

コスパ応用問題♪ 3万円のパソコンと15万円のパソコン 仕事で使う場合コスパがいいのはどちら?

「仕事で使う場合」というのが大きなカギとなります。

  1. 3万円のパソコン 容量10(容量は例え)
  2. 15万円のパソコン 容量300

 

仕事でパソコンを使うときに大事なポイントは

  • 「早く動くこと」
  • 「容量が大きく、ある程度の作業はストレスなくできる」

ことが最低ラインとなるかと思います。

 

仕事で使う場合の「コスパ」がいいのはどちら?

3万円のパソコンは容量が10しかないのに対し、

15万円のパソコンは容量が300もあり、

値段は5倍なのに容量は30倍となり、15万円のパソコンのほうが
「パソコンで仕事をする上でコストパフォーマンスに優れている」となります。

 

「とにかく安ければコストパフォーマンスがいい」というわけではないんですよね♪

用途によって「コストパフォーマンス」というのは大きく変わってきます!

仕事の場合「時間短縮」も「コストパフォーマンス」ですから(#^^#)

 

余談 家で遊びで使うなら3万円のパソコンのほうがコスパがいい

なぜって?
「遊びで使う」のに「早さ」は「必須」ではないでしょ?
時間短縮して効率よく遊ぶ「必要」はないですよね?

「早いほうがいい」けれども「必要」ではない

このような場合は「安いもののほうがコスパがいい」です!

 

コストパフォーマンスを考えることで暮らしが豊かにもなるよ♪

ななは「毎日使うものは高いものを買う!」と決めています。

これこそが「コストパフォーマンスがいいから」です。

 

コストパフォーマンスというのは「安く買えればOK」というわけではなく、

  • 靴であれば「靴擦れしない」「歩きやすい」
  • カバンであれば「使いやすい」
  • 財布であれば「お金やカードが取り出しやすい」

値段ばかりではなく、使い勝手まで考えて買うと、長く使うことができて、
最終的に「節約=コストパフォーマンスがいい」ということになるわけです♪

 

う~~ん。オットから「え~?わかりづらい~!」ってクレーム入りそうなので、
オットに読んでもらって、また書き直すかもですm(__)m

スポンサーリンク