転職のときって意外とお金がかかるものです。というか初めて実感した。

結婚してから「正社員への転職」ってしたことない家庭だったので、最初で最後の「転職」にかかったお金を書いてみたいと思います。

「40代男性、正社員への転職活動、面接、採用は1回で終わった」場合です。

 

スポンサーリンク

応募のときにかかったお金 およそ1500円

夫の場合は1度目の面接ですぐ採用していただいたので、ハローワークに行ったりという活動も1度しかしていません。

1日もあけずに「退職⇒就職」となったので、雇用保険の手続きや国保に変えたりということもしていません。

ですので「就職活動にかかったお金」は、履歴書や封筒、証明写真でおよそ1500円程度。

 

ハローワークに行く機会が多くなると、交通費などがかさんでくるかもしれない。

 

面接のときはスーツ代が一番大きなお金かな!?

2年ほど前に買った「お付き合いの」4万円のスーツがあったので、今回は4万円のステキなスーツで行きました~。。

お付き合いのときはイタイ金額だった。

正社員の面接は「スーツ」が基本スタイルになるので、スーツのサイズが合わなければ新調しなくては!です。

 

夫の場合は、スーツ用の冬靴をサンキで1280円で買ってきました。

パパは仕事でスーツを着ることはほぼないので、1280円の靴でもまあいいかな?と思いますが、

スーツ用の靴は一度買えば長く使えるものなので、履き心地などにもこだわったほうがいい。というのは一応ななの持論かも。

いやいや、お宅、1280円の靴にしたやんか。って感じだけどね。

 

退職のときはおみやげや制服クリーニングなど意外とお金がかかります。

円満退社ならいざ知らず、わだかまり満載で辞めるときに「おみやげ」なんて持っていきたくねー!というのが本音かもですが、

パパは「17年間お世話になった会社だから最後まできちんとしたい」ということで、最終的には退職時に一番お金がかかりました(*´ω`)

 

おみやげおよそ30人分 5000円弱

パパの場合は安いお菓子でもいいんじゃない?とななは本音は思っていたけれどね。。

退職する職場には生活圏内に住んでいる人が多いので、いつ会ってもわだかまりなく会えるように。と夫が選びました(*´ω`)

 

制服クリーニング代 7~8着 1800円

クリーニング代、めっちゃラッキーだったの( *´艸`)

制服こそ安いクリーニング屋がいいよ。ということで、ホワイト急便に出しました。

するとたまたま「100円で袋を買って詰め放題半額キャンペーン」をやってまして、制服全部詰め込んできたらしい( *´艸`)

なので、本来なら3000円越えしてたのよ~。

 

知ってて狙って行ったのではなく、たまたまキャンペーンをやっていて、なながチラシに気がついたので「この詰め放題OKだったら袋に入れてきて!」と指示!?

「対象外商品」ではなかったので、無事7~8着を1800円でクリーニングできました♪

 

退職願などの小物類 500円程度

退職願って縦書きの便せんに書くのが「基本」のようで。

この手の文房具は、今は100円均一ですべてそろってますよね。いい時代ですな。

ということで、封筒なりを揃えても500円前後でした。

 

ちなみに「退職願」を入れる封筒は、茶色の封筒ではなくて

  • 白色
  • 郵便番号を書く部分の印刷がない真っ白なものです。

きちんと100均にありますので大丈夫♪

 

入社後は制服などの支給がしっかりしていてほとんどお金がかかってません

前の会社も制服などの仕事で使うものの支給はしっかりしている。と思っていましたが、それを上回る手厚さで超絶ビックリ!!

え?ベルトまで支給してくれるの?という手厚さ。

ですので「仕事で使うもの」で自分でそろえたのは使い慣れた文房具くらいです。

 

その他入社時に住民票(350円)を取ったり、保証人になってもらうときに訪問のおみやげを3000円程度買っていった程度で、本当にお金はかかってません(*´ω`)

 

転職にかかったお金は特別出費扱いとして退職金から用意します

まだ退職金入ってない(´;ω;`)ウゥゥ

なので、今は貯金で賄っていますが、最終的には退職金から「転職用のお金」として決算します。

こういう時も貯金があるのは助かるぅ♪

 

1万円単位の大きなお金は動きませんでしたが、こういったお金は「ちりつも」で大きくなりやすいので、ザッとですが、お小遣いアプリで記録しました。

臨時出費とも違う「特別な出費」ですしね。

 

なんか考え事してるよな~。という雰囲気も完全になくなって、さわやかに出勤する夫の姿が嬉しい日々です。

前職と同じ17年働くと、定年まで数か月となる59歳。とにもかくにも「健康一番」でまた頑張ろう!

スポンサーリンク