かがやき女子。ななが造語してみました(笑)
女子って30歳までじゃないの?なんて言っていると「キレイ」から程遠くなるらしい。。

「一生女子!(女性)」な「気持ち」が大事!

それなら美容液とか服だとかにかけるお金がないと無理じゃん。これ不正解だそうで。

心が輝くと見た目もきれいになる!そんな「ナチュラルなきれい」を目指したい!

 

スポンサーリンク

好きなこと、モノに触れていると女性は内側からキレイになれる!?

結婚して子供が生まれると「生活」に追われて、自分の顔見てびっくり!なのはワタシです。

これはね、ななだけじゃないと思うの。家事も育児も仕事も。。。輝いてるヒマないわ!となりがちでしょ?(と仲間を募るw)

 

しかし!今日は「家庭をもって輝いた女性2人」をご紹介します!

一人目はななの学生時代の親友。

国語が得意で字もきれい。国語の先生を目指して進学。

彼女のことを一番知ってるよ!と思っているくらいのななは、彼女が学校で国語を教えている将来しか見えませんでした。結婚は30歳くらいまでしなさそう。

 

そして時は流れ22歳。オットとも知り合う前の何も考えてないのんきな頃。。。

親友からの手紙が来ました。当時メールとかないから!
「ワクワク♪もしかして先生の試験受かったのかな?最近連絡もしてなかったな」と思いながらお手紙開封。

かわいいピンクの厚紙にたくさんの色鉛筆で装飾してあって
「結婚しました!妊娠7か月です。ごたごたしまくってて連絡できなくてゴメンね」と。

「おおおおお!!!えええ~~???おおおおお!(ビックリ過ぎて日本語出てこないw)」

 

勉強好きだった親友が家庭に入ることが心配だったことを見事吹き飛ばした!

ずっと片思いしていた彼との恋が実ったことを知ったときはすごく嬉しかったけれど、その手紙の内容は、彼とのノロケのみじゃなくて、勉強も頑張ってることをいつも書いてました。

「勉強半ばだったこと、後悔してないかな?」と少し心にひっかかる。

 

しかし、そんなのは全くの杞憂でした。

妊娠中の彼女に早速会って一番ビックリしたのが「めっちゃ綺麗になってた」こと。

バブル期か?ってくらい化粧塗りしてたなななんかよりずっと薄化粧なのにずっときれい!
「あ、自分にはこのキレイさ出せない!」と、とっさに思いました。

 

「料理も何も全然しないで来ちゃったから大変」と言いながらも、日々充実してることがひしひしと伝わってくる!

学生時代の友人なので、母もよく知っていますが、
母も一目見て「○○ちゃん綺麗になったね!結婚が合ってたんだね!」と言うくらい!

あれから約18年。高校生と中学生のママになった今でも「ナチュラルなキレイ」が続いている彼女デス☆彡

 

2人目は事務員時代の同僚ママ

仲良し夫婦

ななは4年間お世話になり、今は夫の会社に勤めるななの同僚の女性。

頑張り屋でいつも一生懸命な彼女。ちょっと気が強かったかな?←ここがポイント。

手抜きなんてしない!だから上司ともぶつかってよく泣いていた。
そんなまっすぐなところが、ななは「かわいい★」と思っていました(*´ω`)

気が強いというよりも「物言いがとげとげしくなってしまいがち」というほうが合ってるのかな?何となく伝わりますか?

 

適齢期に彼女は結婚。

「妻」となった彼女と話したとき、最初に思ったのが
「あ、とげとげしさ全くない!しかもキレイ」でした(≧▽≦)

彼女も「厚化粧」とかじゃなくて「充実しているキレイ」なの~!

 

ほどなく「ママ」となり、ななが扶養から外れるときに、久しぶりに電話でお話したら、
声が完全に「優しいママ」でなな萌える(*´ω`)

数年会えていませんが、すごくキレイになってるだろうな~。ママの顔だろうな~。と想像して、また萌えています(*´ω`)

 

恋は一番の「キレイ」を保つ 日々「恋」をしよう!

主婦の方々に「良からぬことをしよう」と勧めているわけではないのであしからずデス。

恋=男子とするもの。というのは若い頃の考え方(?????)

大人女子は「日々の生活に恋」しちゃおうよ!

 

ESSE11月号 付録ビューティーブックの中の素敵な言葉

「暇な人ほどくすんでいて、忙しい人ほどキラキラ輝いている」

忙しい=ゆっくりお風呂に入るとか美容室は1か月に1回、3時間以上かける。エステに行く。
という「バリバリの美容」は時間がなくてなかなかできないですよね?

でも「日々を充実して楽しく過ごしているとマザー・ホルモン」というのが出るらしい!
このホルモンが「女性の内側からのキレイ」を引き出すそうな(≧▽≦)

 

ふと思えば、ななが「素敵な女性」と思っている人はみんな「充実」してるのよね!

家事やだ。育児めんどー。料理したくね~~!!
気持ちはわかる。いや、わかりすぎてツライくらいだ!ww

でもどうせしなくちゃならないのなら「恋」してみちゃおう!

不器用でいいじゃない。うまくいかなくていいじゃない。
それこそが「恋」なんだから!

 

さ、早速更新が止まり気味の料理ブログの更新でもしようかしら(笑)

スポンサーリンク