bsAX58_chrismascard20111114134130

この記事はですね、逆に節約に励みすぎてる人に、ちょっとだけお願いなんです(*´ω`*)
節約とは関係なく「サンタはいない」と子どもに言っている方にも。。

そんなの家庭の事情なんだからいいじゃん。人に言われることじゃないよ。と言われれば、その通りです。なんですが、

幼稚園の先生時代、そして、夫を見ていて、私が個人的に感じていることです。
「100円でもいい。サンタさんにプレゼントをお願いしてください!」

スポンサーリンク

サンタさんが来ないことを、子どもは思っている以上に気がかりにしています

そんなこと言って、あんた(なな)こそ、周りが行かせてるからとか関係ない。
習い事も塾も最小限でいいとか言っちゃってさ。

そっちのほうがよっぽど「子どもに愛情ないんじゃないの?」と思われる方もある。と承知の上で書かせてください。

 

私が幼稚園の先生だったころ、クリスマスが近くなると、やはり一斉保育の中で「クリスマス」を取り上げる時代でした。

今は敢えてしない保育をしているところもあるかもしれませんが。。

 

20年前といえども、色んな家庭があることはわかっていたので、クリスマスの保育は、
自分なりに最大限に配慮したつもりでした。

しかし、クリスマスの話題が出ると、必ず子どものほうから
「サンタさんにおもちゃ頼んだんだ~!」という声が上がるわけですね。

 

うちもうちも~♪と盛り上がる中、一人の子が
「うちはサンタさん来たことない」と寂し気に言いました。

私は、あとからその子と2人の時間を作り、

「○○ちゃんはとてもいい子だよ。悪い子だからサンタさんが来ないんじゃないんだよ。
それだけはいつまでも覚えててね」

と声かけしました。

 

本当はどうやって声をかけるべきだったのか。全体保育で伝えるべきだったのか。
新米で先生としての力のなかった私は、いまだにこの季節が来ると胸が痛みます。

夫も幼いころクリスマスをやったことがなく、トラウマが大きいです。

夫の家の方針だったようですが、クリスマスを家でやったことがないそうです。
サンタさんも来たことがないと。

だから、自分の子にもサンタのプレゼントの用意をしようとか、夫は考えたことないです。
そのあたりは全部私一人でやっています。

 

子どもが幼いころ、夫に「24日の明け方に子どもの枕元にプレゼント置いて!」と頼んだら、

「何で?必要なの?」と。

その顔はいつもの「ほんわか」ではなく「険しく」なっているのがすぐわかりました。

「何で?(サンタなんて)必要なの?」は、幼き日の自分自身に言い聞かせてるんじゃないかな。って、妻としてそんな気がした。

 

夫は、母親が苦労して働いてきて、普段家にいなかったことに関しては、多分トラウマはないと思います。

そんな夫ですら、幼き日は毎年周りで盛り上がるクリスマスやサンタクロースの話をつらい思いで聞いてきたんだろうなと、私は思っています。

 

サンタさん、お金なんてかけなくていいです。プレゼントをください。

今から書く例は、本当にお金がなければの話ですが、「豪華なパーティー」なんて必要ないと思うんです。

半額になったお惣菜買って一つの皿に盛って「オードブル風」で全然いいと思うんです。
ケーキも、高価なケーキなんて必要ないと思うんです。

 

ましてやましてや、サンタクロースのプレゼントに何千円もかける必要も全くないと思います。
本当に「うまい棒10本詰め合わせ」とかでもいいと思うんです。

「みんなと同じくクリスマスができた」

ただこのことだけで、子どもは大人が思う何十倍も嬉しいと思うんです。

学校で「うちもクリスマスパーティーしたよ!サンタさん来たよ!」と言えること。
これが思っている以上に、子ども心としては嬉しいと思うのです。

 

塾や習い事と違って、一年に一回のことです。

クリスマスのプレゼントやらを節約したところで、年間数千円です。

この「数千円」は決して「無駄使い」ではなく、
子どもにとっては「最高に生きたお金」となるはずです。

 

「クリスマスをいかに安く、楽しく過ごそうか♪」ということには大賛成ですが、

「クリスマス自体が無駄だから一切やらない」と思っている方がもしあれば、お子さんの教育費と割り切って、ぜひ、やってほしいな。と願います。

スポンサーリンク