18日の月曜日の「ヒルナンデス」でやっていたんですよ!
Amazonの返品OK,送料無料って、今まで知らなかった。。

楽天は、ショップによるかもですが、大体は自己都合(サイズが合わない等)の場合は、返品はOKだとしても、送料は消費者負担になります。

Amazonって安いけれど、何となくわかりずらい感じがしてあまり使ったことないんですね。
けれども「返品OK、送料無料」ならば、かなり通販の価値上がりますな~!!

 

スポンサーリンク

Amazonは自己都合の返品であっても送料無料

通販では、服や靴はとにかく買うべからず!というのが、ななの信念でした。
何度も失敗してるしね^^;

しかし!Amazonの場合「サイズが合わない、思ってたのと違う。。」などという完全なる自己都合でも返品を受け付けていて

「服や靴こそAmazonで買ってください!」とアマゾンの人が言ってました。

 

ここかなり大事かと思うのですが、アマゾンから送ってきた箱ありますよね?
そのダンボールはすぐ壊さない方がいいと思います!!

返品のときには、送ってきたダンボールにそのまま入れて送るのが、
一番返品しやすいと思いますので^^

 

家での試着のいいところは、手持ちのものと合わせられる

まあ、ななはそんなおしゃれじゃないんでw個人的には、今はここはそんなに重要じゃないんだけど、

独身の頃だったら、「家で試着できる」ってかなり重宝してたと思うな~!!

 

そりゃ、こんなななだって、独身の頃は「家にある服にできるだけ合うように♪」とか考えながら、お店で試着するわけだけども、

いくら頭の中でOKでも、いざ合わせてみると「何か違くね?」ってことありましたよ~(´ε`;)

なので、人目をはばからず、家のものとどんどん合わせてみて、思った感じと違ったら、返品できるって素晴らしいですよね!!

 

タグが付いてる場合は、タグ付きのまま試着してくださいね♪
普通のお店でも、基本はタグ付きじゃないと返品受付してくれないですよね♪

 

全商品返品OKじゃないかもしれないので、必ず確認しよう♪

特に食料品だとか、下着などは、衛生上のこともあり、ニッセンなどでも返品NGだったりします。

あと、ニッセンの場合ですが、短期間(半年くらいとかかな?)に、何度も返品した場合、商品購入ができなくなる可能性があります。

 

「大量に購入して、そのまま全商品返品」とかやってると、ブラックリスト?に乗る可能性もありますので、

Amazonでも「常識的な範囲」での返品を心がけたほうがいいのかな?と思います^^

普通に買い物して、普通に「合わないな」と思うものを返品する分には、神経質になる必要はないと思いますけれどね。

 

そのために、アマゾンだって、テレビにまで出て

「返品OK,送料も無料なので、靴や服を敬遠せず買ってください!」

と言っているわけですのでね^^

 

興味のある方は、返品の流れをよく理解してから、
いざ「通販でNGの王道、服や靴を買う!」に挑戦してみてください♪

 

それでも通販で服や靴は多分買わないなながお送りしました(*´∀`*)
(お前がまずやってみろよ!!)

スポンサーリンク