ダウンジャケットってどんなかといいますと「冬に着るモコモコしたジャンパー」です。
九州以南くらいだったら、年間通して「厚地ダウンジャケット」はいらないのかな?

北海道は「秋春用、真冬用」と2つ揃えるのがおそらく標準です。

 

基本はクリーニング代節約で「ダウンジャケットも家で洗濯」してるのですが、クリーニング店で撥水もやってほしいな~。とか思い、安いクリーニング点に3点ほど持って行ったところ。。

「洗濯表示が「水洗い」になっているので、うちではお預かりできないです」と言われ
え????水洗いのものってクリーニング店に出せないんだ(+o+)」と。。

 

スポンサーリンク

水洗いのダウンジャケットは家で洗濯しよう!

と言いますか「家で洗濯してください」と言われました( ;∀;)

うちにあるユニクロダウンジャケットなど、大抵のものは実は「ドライ×」がついています。

洗濯表示 ドライクリーニング不可

例えば上記の表示だと「洗濯機で洗うのはOK、ドライクリーニングはだめ」という意味。

 

洗濯表示 手洗い

洗濯機に×がついていて(もしくは洗濯機表示なしで)
上記の表示の場合は「手洗いしてください」という意味だそうです。

 

ダウンジャケットの量が多い時は2個まとめて洗濯機で洗ってみる。

これはなな個人ワザなので、実行の際は自己責任でお願いいたしますm(__)m

北海道ですと、家族分のジャンパーで、なな家の3人家族でも、
「7~8枚以上」はゆうにあります。

スキー用ジャンパーとかもありますからね。。。

これ、一枚一枚手洗いしてたらめんどくさいでしょ?
本当は一枚一枚手洗いするものだと思うんですけれどね(*^▽^*)

 

なな裏技 ダウンジャケットを洗濯機で洗う

秋冬用ダウンジャケットは、例えばスキー用ジャンパーのズボンと一緒に。

ダウンジャケット状ではないジャンパーと2枚。とかやっていくと、
早く?冬物をしまうことができます^^

 

経験上「真冬用ジャンパー」は一つずつ洗ったほうがが無難かな?と思います。

 

洗剤は本来は「エマール」などの洗剤を使うべきなのですが、
汚れがひどいときは、普通の洗剤使って、普通コースで洗ってしまっています。

これも「真冬用ジャンパー」は「エマール」で「ソフトコース等」のほうがいいかも。

薄い生地はすすぎ残しって出にくいけど、厚地のものってすすぎ残しあるとやっかいなんで。。

 

高級なダウンジャケットは水洗いできるクリーニング店があるらしい。

これはテレビで見たのですが、一枚10万円以上する、
ななは一生着ないだろうなと思しき高級ダウンジャケットは「家で洗濯」って怖いですよね?

そのようなダウンジャケットを「水で洗ってくれるクリーニング店」もあるらしいです。

クリーニング代金も数枚出すと万単位でした(*_*)

 

ですので、購入代金7000円のユニクロダウンジャケットを持っていくならば、
新しく買っても同じ。くらいのクリーニング代金になりますね(*_*)

まあ、庶民にはあまり関係ないかな^^

 

特に厚地のダウンジャケットは、完全に乾く前に「手でほぐす」のがポイント♪

薄地でもやったほうがいいのですが、特に厚地のダウンジャケットは
完全に乾く前に「元通りのふかふか」に近づくように、手でほぐしています。

ピンボケで申し訳ありませんが、これも手ほぐししたあとのダウンジャケットです♪

ダウンジャケット洗濯

これは半乾きの状態ですが、完全に乾いたら、もっとふかふかしました♪

2シーズン程度であれば、洗濯後の「手でほぐす」方法で、大方元通りになります。

 

ちなみにななの場合ですと、

5シーズンくらい洗うと、手でほぐしても全くふかふか感がなくなり、
「これ、元はダウンジャケットだったんだ~」という状態になりました。

 

あまり着ないダウンジャケットは、毎年洗わず、1年目は陰干しで風を通すだけ。
「2年目で洗う」「3年目は陰干し」「4年目は洗う」とかすると、多少長持ちするかもね♪

え?汚ったね~~~!!って?

あまり着ないやつ限定で♪

スポンサーリンク