最近品数を少し増やして「朝ごはんには前日、もしくは朝作った常備菜を出す」というのを頑張ってみています。

夏は方々からお野菜をいただけるという、北海道ならではの嬉しすぎる日常のおかげで常備菜の献立を立てなくてもうまくしのいでいけました。

しかしもうたっぷり夏野菜の季節が終わりましたので、ゆる~く常備菜の献立を考えてみます。

 

スポンサーリンク

主菜と副菜は昔の献立作りのままルーティン化してる

何曜日には何の献立。という基本は決めています。今週は日曜日に急きょ餃子を作った関係で崩れまくっていますがね~。

献立表

曜日別ルーティンすぎる献立

 

予定に合わせて献立の曜日を動かす

出掛ける日は自分的に手間のない献立にしています。ななは時間はあるので「煮物」は手間がないです^^

ほら、だしは「なんちゃってほんだし風」なのでね。切って煮込むだけなんですわ。煮込んでる間にまた横になると。

 

土曜日パパが仕事だと金曜日はカレーかシチュー

多めに作っておいて土曜日のお昼に子どもと食べる。リメイク?絶対しないw

まあ、ぶっちゃけななの献立はどれもさほど手間じゃないんだろうけどね。

 

今週の常備菜の献立

日曜日が買い物デーなので、作る常備菜はだいたい決めておきます。安い野菜があったら差し換えたりするよ♪

我が家の場合、日曜日に義母のおいしい常備菜的なものをもらってくることが多いので、曜日まではキッチリは決めない。

冷蔵庫の余りを見ながら徐々に作り足していく感覚~♪

 

月曜日に作る常備菜 ゆでるだけ

青菜とキャベツを多めにゆでる。味付けはポン酢。

これを火曜日の朝も出す。青菜だけだとボリュームがないんだけども、キャベツも一緒にゆでちゃうとボリュームが出ることにある日気がついてから、青菜とキャベツはいつも一緒なの♪

義母の常備菜があるので、今日は日持ちする系の惣菜は作らない~♪

 

火曜日に作る常備菜 ひじき煮を頑張る

イモの煮っころがしとひじき煮

イモの煮っころがし

クックパッドより画像引用

この日はななご用達「のせるだけのり弁風」の日なので、常備菜をいっぱいつくるぞぃ♪

 

水曜日 なし

木曜日 サツマイモの大学芋風

サツマイモの大学いも風

フライパンで大学芋

クックパッドより画像引用

揚げないので「風味」で。パパは好きじゃないみたいだけども、子どもとななは大好きなのでかまわず大量に作っちゃう。

 

金曜日 なし

金曜日は基本的に常備菜作らないで、土曜日にかけて今まで作った分を食べきるよ

 

メインの料理の手間との兼ね合いを十分に考えて、大体1時間半前後ですべて作り終われる量を考えています。

ある日は30分で、ある日は2時間半かかった。だと、2時間半の日が疲れちゃうんで(´;ω;`)ウゥゥ

 

作った常備菜はお弁当や朝ごはんで主力になりまっす!

なな家で常備菜が一番ほしいときは「パパのお弁当と朝ごはん」です。

むしろ夕飯時は「脇役」「食卓を華やかにする」という役目の方が大きいかも。

 

子どもの朝ごはんは最近は「前日の煮物、もしくはメイン料理の残りを出す」ようにしていますが、煮物でもメイン料理でも「あと一品」に常備菜が大活躍できます♪

朝に余力があれば朝に作ってます。一応「夜間料金のうちに一品作って電気料金(ガス代)節約」してるつもり。

それに朝一品作っておくと夜も少しはラク♪

 

常備菜のよさは「食べきるまで食卓の一品になること」

ということに最近気がついた。

なので、常備菜をただ温めておいておくだけで、食卓が少しまともになるふしぎ発見!

今週で言えば「水曜日」は火曜日の常備菜がそのまま登場します。もちろんお弁当にも多め少な目でチョコチョコ登場します。

だって常備菜ってそういうものだよね!?(‘ω’)

 

あと「食べきる」ことに意味があるので、余りそうになってきたら「夕飯の一品」にして出してしまいます。

  • 「常備菜」のときは食卓の真ん中に置いて好きな分食べるスタイル
  • 「夕飯の一品」は一人ずつお皿に盛りつけて「食べちゃいましょ」なスタイル

リメイク?だからしないってwww

 

最初の取っ散らかった献立案から何とか今週分の「常備菜献立」が決まりました。

スポンサーリンク