以前に「炊飯器で料理ができるだよ」と書きましたが、
その様子を写真に撮ってみました^^

ななは、ポテトサラダのときにいもをふかすくらいしかしないのですが、
これ、魚柄仁之助さんは、この方法の応用で
ご飯炊きながら、すべての献立を作ってしまうそうです!!

 

なんて節約&簡単で時間のかからない料理法なのでしょう!!
(何度もいいますが、ななはいもをふかすのが精一杯です^^;
何度も本読んだんですが、理解できなかった。。。^^;)

 

でも、料理上手な方なら、応用して本当に献立できると思いますよ!

ななでもできそうな、簡単な
「THE・ご飯炊きながら夕飯作っちゃえ!」料理があったら教えてね☆

 

 

スポンサーリンク

とりあえず炊飯器でいもをふかす様子はこちら

食事3 005

初めて、耐熱ガラス製の容器にいもをいれてふかしてみました^^
いつもはアルミホイルにいもを包んでふかしています。

 

上記の耐熱ガラス製の容器は、炊飯器に入れてふかす用ではもちろんないので、
ご飯がべったりくっつきまくってしまった^^;
(耐熱ガラス製なので、変形とかはしなかったけど)

 

お子さんのいらっしゃる方なら、昔、炊飯器でおかゆ作れる小さなガラス容器
使ったことないですか??

そのおかゆ作る容器は、そんなにご飯くっつかなかったような気がするのね。
(もう8年くらい前なので忘れちゃいましたけど。。。^^;)

 

なので、探せば「炊飯器で料理できる容器」とかあるのかもしれないです。

まあ、ななはしばらくいもしかふかさない予定なので
アルミホイルのほうが楽だな。と一瞬で思いました^^;
ってくらい、思い切りご飯がべったりくっつきまくってました^^;

(しかも雑穀米使った日だったから、貧乏根性で何とか取れるだけとってww
オットのお茶碗にINしておいた^^

 

 

ポテトサラダに使うなら、かなり細かく芋を小さくするとよし^^

けっこうな高温になるので、大きく切っても大丈夫じゃん?
とか思って、大きく切ったら、イマイチふかさってない芋もあったので、

ポテトサラダみたく、つぶしてしまうような料理なら、
崩れてもいいくらいに小さく切ったほうがいいです☆

(といっても、上記の写真くらいの小ささで全然OK♪)

 

容器にはべったりくっつきまくって苦労しましたけれど^^;
(アルミホイルなら多少くっつきますが、まあ、OKの範囲内かと思います^^)

「芋を茹でる作業」がガス台の中に入ってくると、一つ料理が遅れますでしょ?

 

この方法なら、ガス台は使わず、アルミホイルなら汚れ物も出ないで
(節約的にはアルミホイルは使い捨てになるのでダメかもだけど^^;)

けっこう気持ち楽にポテトサラダができます^^

 

ぜひぜひお試しあれ♪

料理上手な方なら、応用編もいろいろできますよ♪

スポンサーリンク