無認可保育園というと「キケン??」というイメージがつきまとう方もいるかもしれませんが、
意外と「園による差」も大きいと思います。

私自身、無認可保育園に子どもを入れたことはありませんが、
認可保育園での保育実習の経験も少しあり、子どもが幼稚園に入る前は
「入れてみたいな~」とけっこう調べたりもしたので、

情報は古くなっているところもあると思いますが、大方そんな感じなのかな~
と見ていただけると嬉しいです音楽

 

 

スポンサーリンク

無認可保育園ってどういうところなの?

逆に「認可保育園」というのは、子どもの数に応じて床面積や園庭の広さなどが
決まっており、それを満たさないと「認可」されない代わりに、
行政からのお金が下りるため、親の収入に応じた保育料が適用されます。

なので、低収入だと保育料も安くなります。

 

無認可保育園は簡単にいえば、上記のような条件を満たさなくてもいい代わりに、
(なので園庭がない無認可保育園なんてザラにある)

ほぼ個人経営状態になるため、色んな経費を保育料に含める必要があるので、
認可保育園よりは保育料が高くなります。

ざっと言えば無認可保育園のデメリットが上記になります。

 

認可保育園は「保育に欠ける」子どもしか入れません

なので「親のリフレッシュ」のための一時保育こそ、ここ数年で出来てきましたが、
「常時通わせる」ことは、専業主婦の家庭の子どもはできません。
(私のような母親が障害者の場合「保育に欠ける」状態になるため入れます

逆に無認可保育園は「常時通わせる」理由は問われません。
なので、母親が専業主婦でもOKです^^

ここは大きなメリットになるかと思います^^

 

無認可保育園に楽しく通わせるためには見学時がポイント☆

お母さんの要望は多岐にわたると思うので、特に1歳~2歳くらいの子などは
ご自分の保育方針と概ね、合っているかをよく聞く、目で見たりした方がいいかと思います。
(外遊び中心にしてほしいとか、お勉強みたいなのをさせてほしいとか)

まあ、ぶっちゃけ子どもは環境に馴染むのでw
例えば2部屋くらいの狭いところに子どもが10人以上いるとか
パッと見てよほど「??」と思わない限り、すぐに子どもは馴染みます^^
(馴染むようです^^)

なので、お母さんの保育方針を優先していいと思います^^

 

例えば、見学時の1時間とかに、ずっとビデオを見てるとかの場合、
実際の保育になったら、一日中ビデオ見せてるということも無きにしもあらずなので^^;
そういう「子どもや先生の動き」みたいのを観察したらいいかなと思います。

 

会社の福利厚生で無認可保育園の入園料が安くなるかも!!

4年ほど前の資料ですが、ざっと見て、無認可保育園ですと、
3~4万円(一ヶ月常時で預ける場合、0歳児はもっと高いかもしれません)
くらいのようです。

もし、旦那様の会社の福利厚生がありましたら、
例えば入園金が無料~半額くらいになったり、一時保育が10%引きなど、
少しお得に入れるかもしれませんので、

いい無認可保育園がありましたら、会社の福利厚生もぜひ調べて見て下さい~^^

 

乳幼児のうちから保育園にいれることに関して先輩ママから。。

今はね、昔と違って
「外に出しておけば、近所の子が遊んでいて、知らぬ間に10人とかで
遊んでいる」なんていう時代じゃなくなっています。

私が子育てした8年ほど前でも、午前中公園に行って、
誰か居る時のほうが少ないくらい、全然誰もいませんでした。

きっと今も変わらないと思います。

 

節約で考えたら、一ヶ月3万円出して保育園って一見高そうに感じるけれど、
それ以上のものを得られるんじゃない??って私自身がずっと思ってました。

うちの子は発達障害があり、私と2人で静かにすごすのが好きなタイプでしたが^^;
普通発達のお子さんならば、お母さんと2人きりで毎日いるのは、
子どもも持て余すんじゃないかと思うんです。

 

お金に若干余裕があり、なおかつ喜んで集団生活するお子さんなら
決して無駄使いではないと、なな自身は思います。

トイレトレーニングなんかも、保育園の子って早いんですよ^^
周りの子も全く同じことするので、刺激になるのでしょうね^^

 

あとは無認可保育園の施設選びだけは慎重にされたら、もう大丈夫^^

一番避けるべきは「狭いところに大人数を入れてるところ」
経験上、人数が多くなればどうしても目が行き届かなくなります。

子どもの人数と保育士の人数がアンバランスじゃないか。
(見ててすぐ「あ、全然目が回ってないな」とわかると思います)

そこを押さえておけば、後はご自分の保育方針に合ったところでいいのかな?という、

 

今、私も児童デイサービス(放課後障害児保育(正しくは療育))に入れてる
ママからの、実は自分自身の経験も入ってるwメッセージでございました☆

スポンサーリンク