散々「高学歴」はお金の無駄になりやすいよ!と大声で叫んできたななですが、
あくまでも「無計画で中身の無い高学歴(なな自身w)」のことを無駄と
言ってるのであって、

しっかり高校や大学で勉強した人には、普通に人ではできない
「高収入の可能な働き方」があるということを、
自分自身の痛い反省を踏まえ^^;書いて行きたいと思います^^

今回ご紹介するのは「(基本)女性限定」ですが、
男性だって同じような働き方ができるはずですよ^^

 

スポンサーリンク

高学歴だと「くもんの先生」等になれる

バイトじゃなくて「指導者」の方です。

指導者になると、恐らく「個人事業主」もしくは「法人化」してもいいくらい
稼げるらしいです。というか、昔テレビで聞いて知ったのだけど。
(ソース元は事情ありで伏せます)

 

テレビの報道なので、ほぼ間違いないと思いますが、
くもんの指導者になり、ある程度の人数の生徒を集めると、
「月80万円!」の収入(所得ではないかもだけど)にもなるらしく、

「働いてる主婦」通り越して、完全に「家族養いましょう」クラスになりますよね?

 

んで、くもんの指導者になるには当然「高学歴」じゃなくてはいけません。
(と思っていたら、最近はちょっと変わってきたのかも。。)

 

くもんの指導者の条件

くもんの先生の条件

くもんの先生募集のHPより
(リンク先ではもっと詳しく見られます^^)

 

あれ?私が数年前に見た時は「短大卒以上の学歴の方」になってたのですが
今は敷居低くなってる様子ですね^^

しかし、私は「アルバイト」でくもんで働いたことがありますが、
「短大以上の学歴程度」がないと、実質的には経営を回すのは難しいと思います。

集めた月謝の管理なんかもすべてしないといけないと思うので。。

 

確かに、先生がつきっきりで教えるんじゃなくて、
(そうなのよ、けっこう放置?「自己学習」なので)

指導者の先生は「子どもの学習の進み具合を見てプリントを用意する」のが
大きな役目です。

更に、くもんは高校くらいまでのプリントがあるのですが、
そのあたりになったらぶっちゃけ「大学生のバイト」が勉強を教える担当してました。

 

それでも、指導者の先生は、最低「中学3年」までは網羅してないと
(家庭教師として教えるくらいの力がないと) 現実的には厳しいと思います。

バイトはバイト。最終的には「指導者」が責任者ですからね^^

 

それに、プリントの内容もわかってないと
「因数分解って、どのタイミングで出すんだ??」とかになってしまうので、
やっぱり「高学歴(中学までは教壇に立って教えられるくらいの能力)」は必須だと思います。

 

今のくもんの先生は収入面は多少低くなってるのかな?

それでも、生徒120人、収入20万円以上(リンク内一番下の先生)は、
大変だけど、働く時間等を加味したら魅力的ですよね!!

恐らくですが、くもんの場合、生徒120人ならば、ベテランになれば
週2の8時間労働程度でさばけるのではないかな?と勝手に想像します^^
(経営的な仕事をする時間は除き)

 

ちなみに、なながバイトしてたところの指導者の先生は、
2つの会場をもっていて、合わせて300人位生徒がいたように思います。

夫婦でくもんやってましたから^^

 

う~ん、聞いたことないけど「月収(所得)50万円」は堅いような気がするよ。。
まあ、平日ほぼ休みなしでやってましたけど。
普通に「サラリーマン」と同じだけの時間は働いてらっしゃいましたね。

 

高学歴がすべて無駄ではなく、きちんと勉強をすれば世界は限りなく広がる

ここでなながよくよく注意しておきたいのは
「塾にいかない状態でも、小学校のテストはほぼ100点」
という状態の子じゃないと、ほとんど「学習塾」は意味がないと思うよ。。

 

学歴や塾にこだわってる人は
「ほら、だからやっぱり高学歴がいいじゃない」 ってなると思うけど、

高学歴だからみんな「くもんの先生」になれる実力があるかといえば
そうじゃないし(例えばななw)

あくまでも「学校(家庭学習も含み)できちんと学習を定着させる」ことが重要です。

そうすれば「自分で働く道を作る」ことも可能だし、
その時に「学歴」が初めて意味を為してきます。

 

「偏差値60の中途半端なw高校を出た」という肩書きだけはステキだけど、
高校時代の数学やら地理などなどの苦手なテストはほとんど10点以下wwwwでは、
「勉強を教える」仕事はできません^^;

↑ななのことだよ!!www

スポンサーリンク