まず、「臨時福祉給付金」というものと「子育て世帯臨時特例給付金」がありまして、
それぞれ対象者が異なりますが、かなり広い範囲(特に子育て世帯臨時特例給付金)
の方が受け取れるはずですので、しっかり調べてみましょう^^

先日のヤフートピックスで「臨時福祉給付金の申請をお忘れではありませんか?」
と出ており、早速なな家庭の「子育て世帯臨時特例給付金」の方を調べてみました。

いずれにしても「自分で申請しないと」支給されないものですので、
当てはまる方はしっかり調べてみましょう^^

 

スポンサーリンク

臨時給付金の対象者をおさらいしてみよう^^

これは、全家庭に広報か何かに入って配られてるとは思うのですが、
万が一見落としたなどのために、うちに入ってきた用紙の内容を書いてみます。

厚生労働省から入ってきてるので、この部分は自治体関係なく全国統一です。

 

臨時福祉給付金

受け取れる方 住民税が課税されてない方
(生活保護者、課税されている方の扶養親族は除きます)

支給額 1人 1万円
(基礎年金、児童扶養手当、特別障害者手当などの受給者は1万5千円)

 

子育て世帯臨時特例給付金

受け取れる方 H26年1月分の「児童手当を受けている子育て世帯の方」
(所得が制限額以上の方は除きます]

支給額 児童手当の対象となる児童一人につき1万円
(臨時福祉給付金や生活保護を受けている児童は除く)

 

臨時福祉給付金と子育て世帯臨時特例給付金は重ねてもらうことは不可ということですね^^
また生活保護世帯はいずれの給付金も該当にならないようです。

 

臨時給付金の問い合わせ先及び申請方法について

臨時給付金

制度について 厚生労働省
TEL:0570-037-192

 

申請方法について(これ少しポイント!)
申請先は「H26年1月1日時点で住民票がある市町村」

なので、この数カ月で引越した方は、「1月1日に住民票があった市町村」に、まずは問い合わせることになりそうですね。

 

上記は全国統一事項になります^^

 

ちなみになな自治体で「子育て世帯臨時特例給付金」について調べてみました^^

臨時福祉給付金も同じだと思いますが、まず
「子育て世帯臨時特例給付金 ◯◯市」というように、
後ろにご自分の自治体をつけて検索すると、自治体のHPが分かります^^

(そのまま「臨時給付金」のページが一番上に来るかと思います)

 

そこを読んでいくと、なな自治体の場合は
「8月21日から順次、該当家庭に申請書を送ります」とのこと。

もしも、該当家庭なのに書類が届かないなどの場合のための
「自治体の臨時給付金担当部署」の電話番号も記載されています。

 

申請日は、なな自治体の場合は11月22日まで。

支給日は書いてませんでしたが、書類が着いた順に順次支給していくのか、
11月22日が過ぎてから一斉に支給をしていくのかは、また分かり次第、こちらに追記いたします。

 

上記はすべて自治体によって、日にちなどは変わってくると思いますので、
ご自分の市町村のHPを調べてみてください^^

 

消費税引き上げの負担軽減のための給付金です。
該当の方は忘れず申請しましょう~☆

スポンサーリンク