これは子どもによっても大きく違ってくると思うのですが、発達障害の我が子の場合の4年間の学習机の流れを振り返りながら、個人的な意見を書いてみたいと思います。

うちの子の場合の結論から言うと「机はいらないけれど、学習道具の収納場所はあった方がいい」という意見です。

ただし、普通学級と支援学級では、持ち帰る学習プリントがかなり違うと思うので、
「収納道具は少しでいいけれど、机はあった方がいい」というご意見もあると思いますので、よろしければ、諸先輩方のコメントもいただけると大変嬉しいです(*´∀`*)

 

スポンサーリンク

我が子は「学習机」で勉強したことはこの4年間ほとんどありません^^;

まず、学習机は2階に置いてあるのですね。

けれども、宿題は私が常時いる1階の食卓でやります。その流れで時間の余裕のあるときは、プリントも食卓でやってしまいます。

さらに言うと、夏、冬休みの宿題、絵日記等もすべて食卓でやります。

 

4年間も「収納道具」の役割しか果たせていない、かわいそうな我が家の学習机でございます(´;ω;`)

 

ということで、我が家はこの4年間だけで限って言えば
「シンプルなコンパクト机」を買ってしまったら大失敗するところでした。

収納のないタイプの学習机は、子どもが「自分専用の学習机で勉強したい」と言ってからで十分かな?と感じています。

高学年のお子さんで、収納機能は他のもので代用し、上手に6畳の空間で、シンプルなコンパクト机を活用されているご家庭もネットで拝見しました^^

 

普通学級の子でも、おそらく低学年のうちは、食卓など、普段使ってるテーブルで、お母さんが見えるところで勉強したがるんじゃないかな~?と思います^^

 

学習机としては使っていませんが、収納道具としては活躍し始めました。

これもですね。2年生くらいまでは既存の収納道具を工夫することで凌げるかな?というのが感想ですね。

まだ教科書もノートも少ないですのでね。

 

ただし、支援学級の場合は、ノートはほとんど使わず、個人のレベルに合ったドリルをコピーして学習するので、1年間で300枚くらいのプリントをもって帰ってきます^^;

枚数は数えてないけどすごい量っす^^;

支援学級でも学校によって学習の仕方は異なるかもしれませんが。。

 

まあ、こっそり「1年分50枚くらい」に減らして、残りは資源回収に出しています。。
1年生のときはこんな勉強してたんだ~というのが何となくわかればいいかなと思って^^;

だって、4年間マジメに全プリント取っておいたら1000枚超えるし(´・ω・`)
多分、本人もその1000枚全てを後から見ないだろうし。。

 

普通学級の場合はノートを使って学習すると思うので、そんなすごい量のプリントになったりすることはないかな?と思います。

テストプリントなどの量が多ければ、こっそり間引きしましょうか?(゚∀゚ )

 

教科書をとっておきたい場合は3年生あたりから学習机が欲しくなるかも

学習机というより「学習机の収納機能」ですね。

学習机の収納はさすが「教科書や文房具をしまう」のには最適な作りになっています。

 

学年終了した教科書は捨てていきます。というご家庭はそんなに収納機能はいらないかもしれませんが、

数学年前の勉強をしたい場合は、新たに参考書を買うより、やはり教科書は役にたちます。

 

「税金で買った教科書ですので大切に使いましょう」とすべての教科書に印字されてるんですよ(*´∀`*)

税金で買っていただいた教科書です。学年の学習が定着してないときは、前の学年の教科書を取っておいて使い倒しましょう!!(←密かにケチ根性w)

 

あと、支援学級の2年生に上がるお子さんは、おそらく「1年生の教科書を学校に持たせてください」と言われるはずです。

学年が上がっても、1学年前、場合によっては2学年前の教科書も必要かもしれません。
春休み中に捨てないようにお気を付けくださいませ。

 

でありますので、我が子の場合、過去の教科書は捨てられないんですよね。。
なので、「収納機能としての学習机」としては大いに活用しています。

 

我が子は1年生の時、ニトリで学習机を求めました。約5年後の様子

ニトリ学習机

4月で5年生なのに、絵本が見えるのはなぜ?w

あと「しまじろう時代」と思われる時計は何?とツッコミどころ満載ですけど、

 

おそらく来年度持ってきてと言われるであろう教科書はすぐ出せるように、棚にしまえます^^

学習机ですので、もちろん教科書、ノートの入る大きな引き出しもあります。
(写真の中にないですが。。)

 

あと、子どもとなな的にけっこう大活用なのが「机マット」

机マットにプリント挟んでありますでしょ?

今の小学校はおそらく「毎週」時間割をもって帰ります。

 

そのプリントに「持ち物」や帰る時間など、重要なことが書いてあるので、毎週新しいプリントと入れ替えることを、我が子のお仕事としています。

 

普通学級の子であれば、中学年あたりになれば、自分でボードや壁に画鋲等で貼っても構わないと思います。なので、学習マットの重要性はそんなに大きくないかと思います。

 

うちは3枚プリントが見えると思いますが、2枚は支援学級用です。普通学級用は1枚しかないです。

発達障害のあるお子さんは、一人で画鋲を扱うのは発達の状態によっては怖いと思うので、学習マットに挟む方法、オススメですよ♪

見やすいですし♪(プリントの量も多いから、母である私が見やすいw)

 

まあ、机にド~~ンとランドセルを置いてるあたりから
「勉強で使ってないな」ということはおわかりかと思います^^;

「学習机の上まで収納場所かよ!!」

という、愉快でズレたなな親子でございます☆彡

スポンサーリンク