「貯蓄は初期設定が9割 貯蓄完全ガイド」という雑誌を買ってみました。
貯蓄ですので、投資の記事が多いのですが、その中に超ビックリする記事を発見!!

「子どもが生まれてからの15年間で児童手当+120万円用意できれば、
高校までに「およそ320万円」も貯められる」

 

え?え?だって家計からの持ち出しが15年間で120万円ということは、
1年間で8万円、月ではおよそ7000円弱を積み立てておけばOK。

現代の児童手当パワーすごい!!

 

スポンサーリンク

中学までの15年間で児童手当だけで198万円も貯まります!

3歳までの児童手当が月15000円、その後中学生まで月10000円の場合で計算します。

  • まず3歳までの3年間で15000円×36か月=54万円
  • 3歳から中学生までで、10000円×144か月(12年)=144万円

    合計198万円なんですよ~~!!

     

    ちなみに、児童手当が月5000円時代が長かった、なな子ども世代は
    ここまでは貯まりませんの~~。

    だとしても、今、児童手当をもらっているご家庭は、
    15年間で100万円以上はもらっているんですよね!

     

    プラス120万円の貯め方は、月5000円とお年玉等

  • まず月5000円を15年間積み立てると90万円。
  • お祝いやお年玉を年間2万円貯金に回すと15年で30万円

    これらも合わせると児童手当を含め合計320万円貯まります。

    という具合で、無理のない現実的な貯金額で、こんなに貯められるなんてビックリ!!

     

    教育資金貯蓄の目安が高校まで公立で大学進学の場合、300万円~500万円

    300万円ですと、高校の授業料はおつりがきますが、大学の学費も入れたら足りません。

    ですので、高校が公立の場合は、できれば家計からも出せるといいのかな?

     

    本の中では、大学進学で足りない分は奨学金を使うことも視野に。とありました。

    高校が公立の場合、3年間でおよそ150万円程度のようですので、
    170万円は大学進学時の足しにできます。

    大学4年間で400万円かかったとして、
    およそ230万円を奨学金で借りればいい。という計算になるので、

    400万円全額奨学金で借りるよりは楽にはなるでしょう。

     

    ただし、奨学金返済は、かなり子ども自身のマネー人生を狂わせている場合も多いと散見しますので、

    子ども本人が大学に行って、しっかり勉強し、
    将来奨学金返済に困らないように稼ぐ覚悟があるか。

    というのもなな個人は非常に大事なところだと思いますm(__)m

     

    教育費を貯めるときに一番大事なのは実は幼児期から小学生

    なぜ教育費が貯まらないのか。

    原因の多くは「塾や習い事にお金を取られるから」だと思います。

     

    親の収入が多くても関係ありません。塾や習い事というのは、兄弟で行かせているうちに、いとも簡単に「月5万円」とかになってしまいます。

    そして、中学から私立。。なんていったら
    「教育費は月10万円以上」というご家庭も珍しくないのでは?

     

    「教育費貧乏」は
    「教育は外注という投資(塾等)が当たり前。通わせているから必ず結果が出る」という
    「思い込み」から始まると個人的には思うんですね。

    なんせ、偉そうに語ってた自分がそうでしたから((+_+))
    よ~~くわかりますとも(+o+)

     

    子どもの意思がないにも拘わらず、何が何でも大学に通わせる必要は、現代の世相で、
    しかも田舎ならほとんどないんじゃない?と個人的には思いますが、

    例えば学校の先生など「大学に行かなければ就けない仕事」があることも事実です。

     

    「子どもの能力や夢」を最大限に活かしてあげるためにも、

    「中学までで教育費使いきっちゃって、もう無理だよ。。」と息切れしないプランを立てるのは
    大事ですよね(*^▽^*)

  • スポンサーリンク