部活ってどうやら最近は「強制」の中学校が多いらしく、我が子が通う予定の中学校も、
回覧板のお便りを見る限りでは「強制?」という感じがします。

日課表に「何曜日、何時間授業、「部活あり」と書いてあるからです(+o+)

一部の生徒のために、全校便りに「部活あり」って書く必要ないよね?
ということは、やはりウワサ通り部活は「必須」なのか?と覚悟しています。

 

スポンサーリンク

部活費だけで月2~3万円かかるときもある!?

まず部活に入ったときに「部活専用ジャージ」等で数万円。これは序の口で?

部活のチームが強かったりすると

  • 「一回の遠征費で万単位かかる」
  • 「夏休みの合宿で3万円かかる。マジメにイタイ」

という声を聞くとゾッとします。。

 

中学生の全国大会等の旅費、宿泊費等の必要経費の一部補助がある!

「遠征費等」には、さすがに保護者から「何とかしてくれ」と声が上がったのでしょう。

今月号の広報に「参加費補助制度」というものが案内されています。

 

  • 全道大会 必要経費の2分の1以内、最高5000円
  • 全国大会 必要経費の2分の1以内 最高15,000円

 

全道大会ならば1万円以上、全国大会ならば3万円以上かからなければ、
半額は補助してもらえるので助かりますよね!

 

「個人種目」で全道や全国に行けるようなお子さんは、ぶっちゃけ勉強は一日家庭学習30分で十分だから、塾代は部活費に回したほうが有意義!?

食事部

問題は「団体競技系」 本人の実力に関係なく全道や全国に行く可能性が。。

ななは中学、高校と吹奏楽部(団体ですよね?)だったのですが、
吹奏楽が今でも好きか?と聞かれたら、ほとんど興味ないです(;´・ω・)

 

「強制じゃない」
昔の部活ですら、部活への熱心さって個人差が大きくて、

  • 音楽が好きだから吹奏楽をやりたい。程度の人から
  • 一生、吹奏楽と何らかの形で関わって生きていきたい。

という人まで幅広いわけですよ。

 

これはおそらくサッカーや野球等にもあてはまるかもしれなくて、

一番悲惨?なのは「部員だから」というだけで、
本人が大会に出るわけでもないのに、 全国大会等に行く場合。

「いつかは大会に出るんだ!」という本人の強い気持ちがあるならば、全国大会を見に行くだけでも有意義だと思います。やっぱり上手さが違いますから。

 

けれども「強制だから入ったに過ぎないのに」というお子さんにとっては、
子どもはめんどくさい。親は万単位で一気にお金が飛ぶ。

これこそ「悲惨」以外の何者でもないと思うのですよね。

そのあたりは、中学では考慮しているのかしらね??

 

思い切ってお金がかからない部活に変えることができたらいいですよね

第一なんで部活強制なの?とそこから大いに疑問ですが、
どうしてもどこかに入られねば。という場合は、

吹奏楽を除いたw文化部とかいいかもしれない!?

文化部の場合「プロ並みに本格的に取り組む」でなければ、
スポーツ系のようなお金のかかり方はしないと思います。

 

「部活やりたくないんだけど~」ってお子さん。
個人差あるんだから当たり前の話でして、どうしても強制というのなら、

おそらく「部活やりたくない」お子さんが集まっているような部もきっとあるはずなので、
そこで、時間終わるまで勉強なりしてたほうがよっぽどいいよね。。

 

ただし先ほども書きましたが、本人に才能があり熱心に行っている場合は
部活費をかけるべきだと思います。

サッカーなら、部活以外の時間もサッカーをやり続けるくらい大好きな子ならば、
「将来サッカー選手になる」とか、そういうことじゃなくて、

「サッカーにひたすら取り組んだ」その経験が、生きていくうえでの大きな肥やしになるって、私はそう思うんですよね。

 

吹奏楽でも、プロではなく「余暇の楽しみとして」楽団に所属して続けている方もいます。

「親子でやっている」なんてのも見ると、親子で吹奏楽の話ができるなんて、
すごく有意義な時間だな~。なんて思いますよ♪

 

なので、部活以外でも練習をするくらい好きなものには、自治体の補助などを生かしながら、
「投資」したい。とななは思っています(*´▽`*)

スポンサーリンク