「2人目は考えすぎず、コウノトリにお任せする気持ちで♪」と以前書きましたが、

「よくよく考えた上で」考えすぎなくてもいいんじゃないかな?ということで、
「何も考えずにお任せ」することを肯定しているわけではないので、付け加えたくて書きました。

何も考えずにお任せして、一番の被害者は子どもなので、
そこはよくよく気を付けてないとですよね。。。。

 

スポンサーリンク

経済面はやっぱり大事。1人目で生活自体がキツキツなら2人目はまだ。

「僕はアルバイトの20歳。嫁も20歳。月収12万円です。
1人目はデキ婚、2人目を妊娠してしまいました。嫁は産むと言っています。
金銭的にキツイからおろしてほしい。どうしたらいいでしょうか」

って、学校で「避妊」は習ったよね?
まあ、習わなくても現代のあふれる情報でわかりますよね?

 

はじめからわかっていて、おろさなくてはいけない命を宿さない。これは基本!

30代も後半になれば、このあたりはよくわかると思うのですが、

20代前半ですと「そのつもりじゃなくても」「少し気を抜いたら(!?)」という場面でも、
若いので妊娠しやすいと思います。

 

先ほどの例で言えば、月収12万円ですと1人暮らしでも余裕ではないです。

そこに持ってきて奥様とお子さんですから、どう頑張っても生活がキツイのは誰が言うまでもなく明らかかと。。

「今」経済的に困窮しているのであれば、ピルを使うなどしても2人目ができないようにしないと、一番不幸なのは「子どもたち」です。。

 

普通の生活は経済的に大丈夫。というときは考えすぎなくてもきっと大丈夫!

-shared-img-thumb-MS251_morumotto_TP_V

自分が一人っ子ママなのに無責任な感じで申し訳ないのですが、
なんだかんだ言っても、ななの住んでいるところは「一人っ子」って少数派です。

でも、みんな立派に成長しています☆彡

 

ついでに言うと「目立ったお金持ち」もいない地域です(隠れ金持ちはいるかもww)

それでも多数派の「兄弟家庭」は、中学生では学校ジャージを普段着にw
元気よく、そしてしっかり挨拶をする、とてもいい子たちがいっぱいの地域です☆彡

 

同じ6年生で言えば、支援学級で遅れの目立つ我が子をいじめたりすることもなく、いつも優しくしてくれているようで、本当に子どもたちに感謝の気持ちでいっぱいです。

「有り余るほどのお金がなくても、兄弟で心豊かに成長できる」

ことを、地域の子どもたちから本当に感じる日々です(*^▽^*)

 

女性にとって妊娠出産は時間との勝負。ということを男性は理解してくれるとありがたいです

20代で一人目を産み、35歳までには末子を産んでいるのが理想。とか、
ベストは20代で末子を産み終わること。とか。

世の中がどんなに変わっても、女性の「子どもを産む適齢期」というのは、昔と変わらないんだそうです。

女性はおそらく本能的にこのことをわかっているから、なおさら焦るような気がします。

 

我が子を産んだ12年前はリスクなし。今はハイリスク妊婦になってしまうなな

妊娠初期リスクチェックというサイトがあるのですが、我が子を妊娠したときの13年前の状況でやってみたところ問題なし♪

実際のお産は、出血が多かったけれど、安産でした☆彡

出産リスクチェック

 

我が子の妊娠がわかってから13年。27歳だったななは40歳になりました。
精神安定剤のお世話にもなっています。

さて、そんなななが今妊娠したとすると・・・?

出産リスクチェック

妊娠初期リスクチェックリストより

「4点以上=妊娠初期から大学病院クラスに直行」状態っす(´;ω;`)ウゥゥ

同じ「なな」でも、27歳と40歳では、これだけ妊娠、出産リスクが高まるんですよね。

 

奥様が2人目を望み、旦那様であるあなたが
「どうしても子どもは生理的に無理」というわけではない。

そして今現在、明日のご飯にも困っている。という状況じゃなければ、
どうか、2人目に前向きになってほしいな~。と思うななです(*´ω`)

スポンサーリンク