私は一人っ子&発達障がい児のママです。

発達障がいと言いましても、我が子の場合、教科書通り?の典型的な自閉症タイプで、自閉症の本を読みだしてからは「ラクにできる?子育て」を覚えてしまいました(;´・ω・)

 

自閉症の子が心地よくいられるコツ?はある意味「マニュアル通り」だったりします。

「もうそろそろやめて⇒×」
「8時10分になったらゲームをやめます→○」

簡単に言えば生活のすべてが上記の応用なので、一度獲得してしまえば、ほぼこちらの言う通りに動いてくれます。「言わないと」何もわからないけどね(;´・ω・)

 

スポンサーリンク

自閉傾向が大きく人見知り型の我が子はある意味育てやすかった

我が子は超絶人見知りタイプなので、ちょっと目を離したすきにどこかに行ってしまう。ということは絶対にありませんでした。

むしろ「なぜここでも離れない?!(怒)」の連続だったかな。。

そういう意味ではラクさせてもらったと思います。

 

私の性格からして、究極の選択

  • 「すぐ離れてくれるけど多動」
  • 「いつまでも離れないけど人見知り」

どちらがいい?と聞かれたら「人見知り」と答えるタイプなので。。

 

ラクな面はあったけれども、育児の楽しい夢はすべて打ち砕かれた

名前を呼ぶと振り向いてくれる。抱っこすればすぐ泣き止んでくれる。
ママが寝込んでいたら頭をなでてくれる。。

4歳ころまで一切なかった行動です。

少しかまともに話ができるようになったかな?というのが4歳過ぎ。

それまでは「体だけどんどん大きくなっていく3か月児」と言った感じ。

赤ちゃん

 

もちろんかわいい場面は山ほどあったけれども。。

おねだりもしなければ、ここに行きたい!ということもない。

親2人で考えあぐねて「この遊具は楽しいでしょ~♪」と思った公園も、親が遊具に登らないと絶対一人で行くことはない。

いや、むしろ、遊具に登るパパを止めるのに必死。ママが押し上げて?ようやく遊具へ。
と思いきや一回でやめる。ってのが日常茶飯事でした(現在進行形)

 

健常児の子育てブログを読むとお金の使い方に悩む様子が羨ましかったりする

そんなのない方がいいよ!と思うでしょうが、

  • 「どこどこの遊園地に私も行きた~い!」
  • 「何だかレンジャー買って~!」
  • 「ゲーム買って~!」

その度に、頭を悩ませながら、わがままにならないように。でも他の子とかけ離れてもいけない。という話をオットとしてみたかったです。

 

我が子が生まれて1年くらいは真剣に話し合ってましたが、何もいらない子とわかってから、
逆に「遊ばないモノ」であふれさせた我が家です。。

「用意しておけば遊ぶかも!」という期待はほぼ裏切ってくれました(*´ω`)

 

健常児だったらどんなにラクで楽しかっただろう。は幻想だと知った。

節約やお金のことを書きながら育児のことを書くブロガーさんが多く、とても楽しいです。

  • 言えば理解してくれる。
  • お留守番もできる
  • お手伝いもかなりできる。
  • あれほしい、これほしいと言ってくれる。

12歳の我が子ができないことを6~7歳の子が普通にできているのを見ると、
「健常児の子育ては楽しいだろうな~」と思ってしまいます。

 

でもね。みんな子育てに悩んでいるんですよね。健常児だからこその悩みもあるのですよね。

私は「イヤイヤ期」だとか「問題行動」だとかで、今のところは悩んだことはありません。
(友達できないのがある意味「問題行動」だろうけど。。)

そしてこの先も、おそらく、いわゆる「みんなが悩む道」は通らないと思います。

 

誰でも「子育てで悩み、苦労する道」があるんだな~。

先日、普通学級の6年生も一緒に「6年生みんなで鬼ごっこ」をしたらしいのですが、

我が子、鬼になっても追いかけないらしい。。。

なもので、普通学級の子に「お前、もう抜けろ」と言われたと。

 

これが「対等(言い方おかしいですが)」な立場なら、そういうときはどうしよう?と一緒に考えたと思います。

しかし、我が子は1年生と徒競走をしてもビリ??といってもいいくらい足が遅い。

「鬼になったんだから一生懸命追いかけなくちゃダメだよ」って、普通のことを言っても仕方ないのだよ。だって1年生と6年生で鬼ごっこしてるようなものですから。

 

これから我が子は、このような問題に何度も直面することでしょう。

  • 「自分の才能が発揮できるところで一生懸命頑張る」
  • 「みんなと同じじゃなくていい」

子育てももちろんながら、12年経っても「自分育て」でもあるな~とつくづく感じるんだな~。

 

ママとパパと「三人四脚」で、これからも頑張って行きまっしょい!!

スポンサーリンク