子どもの学年と親がどこまでついてあげられるかにもよりますが、

小学生の塾はいつからがいい?というより、見てあげられる限りは
親が見てあげたほうが、色んな意味でずっといいですよ^^

 

実は、塾に行かせるのと、5分でいいので親が時間を割いてあげるのも
あまり大差ない場合も結構ありかも。。

私、塾(くもん)でのバイト経験があるので、これはかなり自信持っていいますw

 

スポンサーリンク

教科書の基本的な内容、学校の宿題を100点にすることから

勉強の基本はまずここからです。

 

宿題をやったら、5分でいいです。ちょっと見てあげてみてください。
きちんとわかってそうですか?

国語なら、ちょっと書き順なんかも見てあげてください。
意外とね、そんなやりとりが子どもとのいい触れ合いだったりもするみたい。

 

宿題は、学校で勉強したことが出てるはずなので、
宿題をまずは定着させないことには、塾やら何やらの先に進んでも

正直、塾代金が全部無駄なのね(*^▽^*)
(あ、はっきり言ってごめんね)

 

学年が進んできたら、親自身もわからなくなってくるとは思いますが、
見られるうちは見てあげた方が金銭的にも触れ合いとしてもヨシ♪

 

どんな子なら塾に行っても無駄使い?にならないか?

勉強

ズバリ「勉強のできる子&勉強の好きな子」ですね(*^▽^*)

出木杉君のように
「学校の授業はノートを取らなくても全部頭に入っているんだよ~」

みたいに「学校の授業以上のことを学びたい」

という子であれば、むしろ才能を伸ばすために塾にいくべきかもしれない。

 

勉強が好きな子がいないと、将来お医者さんがいなくなってしまうよ~。

「子どもの好きなことには投資する」

  • いつも楽しく塾に通う姿。
  • 1番になれなくて、悔し涙を見せる姿。
  • そのあとの1番を取ったときの感動。

勉強の好きな子にとっては、そんな日常が将来にも有意義になると思います♪

 

「頭のスポーツ、青春」ってやつ!?

 

あなた自身が勉強が得意なら、それを十分に活かすことで節約にもなる

「塾は投資だから」と別考えで思ってらっしゃる方もいるかもしれません。

まずはとにかく、「学校の勉強をきちんと定着させること」が一番の目標です。

 

経験から言って、意外と塾(くもん)は流れ作業です。
わかるまで丁寧に教える。という感じではなかったですよ。

「子どもが目に見えてきちんと勉強が定着してる」
実感がなければ、家で見るに切り替えるもアリだと思います。

参照:なな流の家で勉強を見る方法

 

子ども自身が塾に行きたい!と言ったから行かせているのだが?

それは「友達がやってるからやりたい」のであって、
「勉強したくて行きたい子」はまれだと思いませんか??

自分自身の子供の頃をよく思い出して!!!
ね?そうでしょ^^

 

なので、友達と塾に行って、最初は楽しそうだったとしても、
途中で「もう飽きてるな」と感じたら、よくよく話し合ったほうがいいです。

 

子どもって意外と「やめたい」という意思表示ってしづらい子も多いんじゃないかな?と思うんですよね。

ましてや自分から言い出した場合、やめたいなんて言ったら申し訳ないかな。とか。
中学生くらいになったら、そんなこと考えたりしませんでしたか?

 

けれどもその塾の時間を、自分の興味のあることを勉強したほうがよっぽどいいはずです。。

無料で集う勉強会ならまだしも、塾代、決して安くないですのでね。。。

スポンサーリンク