私、以前に、小学生の低中学年あたりまでの子どもは塾に行かせなくても、
ドリルを一冊買って、それをコピーして、何度もやらせて定着させる
と記事に書きましたが、

ふと思ったんです。
「あれ?ドリルって、ネットからとれるんじゃない??」と。

はい!!素晴らしい「勉強ドリルサイト」がありました!!!
ご紹介しますね^^

 

スポンサーリンク

国語、算数。。とあって、しかも中身は市販ドリルと遜色なし!!

サイト見て、「あらやだ!!学校でやってるドリルと同じじゃない@@」
とある意味嬉しいようなショックなような・・・。

って、100円ドリル2つしか買ってないけどww

 

うちの子、漢字は1年生問題から怪しいことに最近気づき、
1年生の漢字ドリル買ってこなきゃとか思ったんです。

しかし、買いに出かける必要は全くございません!!

 

ネットのドリル。市販のドリルに負けない親切さ!おススメ

いえ、学校で使ってるドリル並みの親切なものです。 ご紹介しますね^^

 

このサイトは「色んなドリルサイト」を管理人さんが評価していて、
算数の文章題なんかも、ここから別サイトに飛びますが紹介してあります。

幼児の学習素材館という、幼児むけのドリルもあるし、英語のドリルもありますね。

ドリルの内容自体も、答えもついていて、最高親切度満点です@@

 

ネットで取れるドリルの中身はこんな親切。

漢字の場合ですが、まずは、「書く練習のプリント」

子どもドリル書き取り

(この中でやらせたいものをクリックするとPDFが出てくるので、
それをプリントします^^)

PDFが起動しない場合は、Adobe Readerからダウンロードしてください^^

 

そして、きちんと定着してるかを見るための「確かめテスト」

子どもドリルテスト

 

これ、学校の漢字ドリルと一緒やん!!

何で今まで気付かなかったの~~~!!
200円出しちゃったじゃない!!(200円ならいいだろww)

 

上記サイトは、色んなドリルサイトを集めているので、
国語なら基礎的な漢字練習から始まり、各学年の基礎計算、

別サイトに飛びますが、文章問題まで、
お子さんにさせてあげたいプリントの少なくとも半分は取れると思います( *´艸`)

 

プリンターを新たに購入する場合のちょっとした注意点

なな家のプリンターは6000円くらいで買った
その当時、店の中の一番安物プリンターを買ったのですが、

安物プリンターはとにかくインク代が高くつくんです。
互換インクじゃなくて、「注入インク?」しか安いインクがないので。。

 

安いプリンターでも、上記のようなネットの印刷を数枚するのには大変向いてます。
また、年賀状数十枚くらいも大丈夫です。

紙への印刷であれば、白黒なら100枚とかでも大丈夫( *´艸`)

安いプリンターで絶対しちゃいけないのが「大量の写真印刷」です。
数枚くらいなら大丈夫だけど。

はい。現像もインク代も大失敗しました><

 

なので、安いネット写真印刷にまかせて、
安いプリンターではドリル等などを印刷しましょう^^

スポンサーリンク