やってみますか!!なんて元気に言えません。。
はい、そう「タバコがやめられない」のと一緒。甘いモノがやめられないななです^^;

ただ、タバコと一緒で、お菓子を食べまくっていると、特にメンタルを病んでる人は病状悪化になる、そして、控えると症状がよくなる。というのはよく見ていました。

はい。私、人に禁煙を薦める前に、自分が糖質制限しろっていうお話です。。
「糖質制限」って本当は「ご飯」とかもはいるらしいのですが、この記事では「お菓子」にしぼりますね^^

 

スポンサーリンク

不安型の精神疾患の人は、甘いモノを食べ続けるらしい

ななは、時間もわきまえず、いつでも食べてるわけではないのですが、
(パソコン中は食べないように頑張ってますぞ☆虫歯になりたくないし^^)

昼食後のチョコがやめられません。。

 

そもそもななは子供の頃は、冗談抜きで「お菓子8割、ご飯2割」で育ったようなものですから、パニック障害になる年齢は遅かったけれど、いつなってもおかしくなかったのかもね。。

親はそういうところは全く無関心。食べたいもの食べてりゃいいじゃん。
お菓子で腹一杯なら、ご飯なんて残せばいいじゃん。って感じだったので、当時は本当にラクでした^^;

 

ただし、一年に4~5回は熱を出して休んでました。6年生くらいまで。。
3~4年生になったら、基礎疾患がなければ丈夫になってくるでしょ?

ななは、いつまでも「幼稚園並み」に熱出してました^^;

 

中学になったら、よほど高熱で動けないとかじゃない限り、親は介入してきませんでしたので、
でも、保健室常連になってました(メンタルちょっと来てたのかもね)

自慢じゃないけど、結婚するまで、年に4~5回はけっこうひどい風邪引いてたかも^^;

 

「好きなものだけ何も考えず食べる」ってこれだけ怖いのよね。。

 

結婚して、自分で料理するようになって体の調子は格段に整った^^

どうしてそんなバカなの?って自分でも思うんだけど、新婚のころは、キャベツを4分の1にして、それを全部せっせと千切りにして、

オットにはボールみたいのに入れて、キャベツの千切り出してましたwww

 

新婚時なので「ダーリンがお腹を空かせないように♪」と愛情100%でwwwwww
キャベツ4分の1の大半(しかも生w)をほぼ毎日食べさせられていましたwwwww

ホント、今書いてても超ウケるよwwww

それこそ馬のエサかっつううの!!ッて感じだよねwwwマジウケるwww

 

でもね。そんなトンチンカンな料理でも、自分で作ったらまず「残すのもったいない」のよ。

お菓子だけ食べて生きてきたような私が、料理を作るなんて大仕事!!
献立は今よりひどかったのに、1時間くらいかけて夕飯つくってました。。

 

一応「野菜はたくさん取ったほうがいいよね?」とか思いながら料理してたので、野菜を食べる量は格段に増えました。

あとの栄養バランスは、全然うまく取れてなかったと思うけど、
(当時、たんばく質、野菜類、炭水化物とかいうのもよくわかってなかったのよ・・・。)

それだけでも、一週間に一度くらいしかなかったお通じが、バナナ型で毎日出るようになったんです!!もう感激!!

 

そして、当時月17万円でのやりくりでしたので、お菓子の買い置きは少ししかできませんでした。なので、一日2個とかって決めて食べるしかありませんでした。

 

でも、その糖質制限生活がよかったんです。風邪を引くことも極端に少なくなりました^^便秘も治ったし^^

 

今は少し余裕が出てきて、お菓子を買えるのがいけないかな。。

家計のやりくりもうまくなり、今は心に余裕があります。
だから買ってしまうんだな~。。お菓子。。。

新婚のころ「この袋のお菓子、2週間は持たせようね!!」と頑張ってたあの姿はどこへ。。

 

今も、一日に袋一つとかいう食べ方はしませんが、気持ち的には新婚の頃とは違います。。

節約って、実は健康や美容につながってるんだよ。ってホント実感するよ!!

 

それなら新婚の頃を思い出して、糖質制限頑張ってパニック障害早く治せよ!!って??
はい。頑張ってみます。。(何、この気の弱い感じ。。)

 

頑張るよ~!!お菓子代もバカにならないもんね~!!

スポンサーリンク