昼食代。。一日500円でも25日で1万円を軽く超える。。
けっこうな出費ですよね。。。

そこで、サラリーマンの夫(自営業の夫でも一緒かもだけど)をもつ、私たち妻チームが、少しでも安く昼食代を浮かせる工夫を考えてみましょう♪

ななの方法も書いてみます^^(かなりドギツイぞw)

 

スポンサーリンク

まずはお弁当を自宅で作って持たせる

定番ですが、子どもが小さかったり、奥様もパートに出てる場合は難しいかと思います。

しかし。毎日じゃなくても、週に3回作るだけでもだいぶ違います。

 

しかもお弁当なんてななは最近「詰めている」だけですwww(笑ってる場合じゃねーぞ)

1,昨日の煮物をレンジで温める。
2,ミートボールをレンジで温める(冷凍食品でも何でもいいよね)
3,冷めたら上記2つと枝豆、プチトマトとかをいれる。たまに冷凍してた切り干し大根だったりする。おしまい^^

お弁当の前に張り付いてる時間、5分www

(おかずを冷ましてる間に洗濯物を回したりする)

 

昔はデカイタッパーにいれていたので、隙間ができまくって困っていたので、
850mlの一段の弁当箱をイオンで400円位で買いました^^

1段しかないと、ご飯の量でごまかし、おかずを少なくできるのでww
なおラクになりました^^

 

2段の時は例のこのタイプ。これを1段に詰めている^^

肉じゃが弁当

これだけでもラクに見えるのに、1段にして、もっとラクになりました^^

 

これなら、育児中のママでも、パートに出る方でもできそうな気がしませんか?w
パートの方は、同じ要領で自分の分のお弁当も作れて、2倍節約になるかも♪

 

単身サラリーマンで毎日買わないといけないという場合は??

ここは「口コミ情報」の仕入れどころですね!!

例えば、半径5キロ以内のスーパーなどで「250円弁当」なんかが売ってたりすることがあります。量も少なくありません。

まあ、100円のおにぎりを足してもよいでしょう^^

 

サラリーマンと言っても色んな業種がありますので、例えば、ななオットのような配送関係の場合は、安い弁当屋で買うことが可能ですよね^^

オフィスにいる場合は、近くに安い弁当屋がない!と思ってるかもしれませんが、街中の場合だと、隠れた安い弁当があるかもわかりません。

 

まあ、ななが知ってるのは、ほっともっとは平日の昼なら、のり弁当が320円だよ。ってところかしら。これは全国統一よね??

 

サラリーマンの方が毎日弁当を買う場合は「口コミ命」ってところかしら??
同僚にさりげなく「安い弁当屋知らない?」とかって聞きまわってみるとかね^^;

 

お弁当を作ったり作らなかったりしてお弁当代を精算してる場合の節約法

これ、なな家です。なな家の方法は実にシビアですのでよろしく!!

 

まず、弁当をつくった日、おにぎりを作った日、何も作らなかった日を手帳に毎日メモします。

弁当を作った記録表

  • なしが「作らなかった日」
  • 弁が「弁当の日」
  • おが「おにぎりの日」
  • いらないは「オットがこの日はいらない」と先に申し出てきた日。
  • つけ忘れてる日はそこまで頭が回らなかった日ww(けっこうあるでしょ?^^;)

なしの日のお弁当代はお茶代は除き、全額精算します。

弁当の日は一切精算しません。おにぎりを買い足しててもプラスしません。

ちなみに、弁当を食べ忘れて、弁当を買ってしまうことがたまにあるのですが、
そのときも1円も精算しません!だって「ななは仕事した」んですから(鬼だなw)

 

おにぎりの日はカップラーメン代を精算。

つけ忘れた日は、思い出しながら適当に。。^^;(レシートみれば大体わかるので^^)

 

弁当代も一緒にお小遣いとして渡してる場合。

これは奥様が一捻り考えたほうがいいですよ♪

男という生き物はね。「金が手元にあればあるだけ使う」んです。そうじゃない人ももちろんいますけれど。

なので、例えば「小遣いは2万円+昼食代」で渡している場合、昼食代って15000円くらいで考えると思うんです。なので、そのままだと35000円渡すことになりますよね?

 

いえいえ。5000円は家計に置いておき「3万円」を渡すのが妥当です^^

すると、それはその中でなんとかやりくりするのも「男」なんですな^^
(よほど金銭感覚がおかしくない限り)

 

今まで渡してた分を減らすというのは大変な作業ですが、
「家計が大変なの♪」で納得してくれそうな優しい旦那様ならやって見る価値ありです^^

 

その分の5000円は、子どもの教育費なり、住宅費なりに回せますでしょ^^

たまに「今月小遣い足りないから前借りして」なんてときも、この5000円があると心の余裕はだいぶ違います^^

 

ななにとっては弁当を作ることは「愛情」ではなく「仕事」

仕事なので、前日にどんなに喧嘩をしても、自分の体調がよければ作ります。

また、前日にどんなにラブラブでも(そんなこと年に3回もあるかないかだがwwwww)
体調が悪かったり、材料が無い日は作りません。

 

「ななの仕事」は、公私混同はしない主義です(怖いよw)
なので「愛妻弁当」なんかじゃないっすよ。

あ、弁当の画像見ればわかるって??wwwwww

スポンサーリンク