えのき孝明さんが、30日間に渡り、基本水のみ摂取の「不食」を実行されているとのこと。
私は最初この記事を見たとき、特段何の印象も受けませんでした。

「ああ、不食という生活を実行してるんだ」と思ったくらいかな。

そして1日経ったらなぜか「緊急会見」の記事が(。・_・?)ハテ?
え?「不食」って、癌とか心筋梗塞みたいな「大病」とかなんですかね?
食生活スタイルがみんなと違う。それだけの話じゃないの??

 

スポンサーリンク

1日1食、1日2食で健康だという人もいる

オットは朝早いので、ご飯は入らないと言って朝は基本食べません。
お腹がすいたときだけ、そこらへんのバナナなり何なりを食べていきます。

夏期間は滅多にありませんが、冬期間は繁茂期のため、昼も食べられないときすらあります。
運転の合間に食べられるように、おにぎりにしてるくらいです。

んでもって、夜も粗食w(笑い事じゃないよ)

 

至って健康ですよ。かなり体力もありますし。

 

お腹がすいてなくても絶対3食しっかり食べなくちゃ。という方が逆に不自然に感じる

動物としてね。人間も動物なのだよ。

働いていたらやっぱり3食になる人もいるでしょうが、それだって、お腹がすいてないときは、ごく軽めのものでいいんじゃないのかな?

 

少量でも3食食べないと持たない体の人もいます。はい。ワタシ(*´∀`*)

1日2食に何回も挑戦してみましたが、気分悪くなるので、1食は多分普通の人の6~7割ですが、3食いただいています。

ななは「少量を3食」というのが適切というのがわかったので、そうしています。

もちろん、お腹がすいてない時は、かなり少量です。

 

食事に限らず、何でも「自分は何が快適なのか」を常に考えるのがなな流節約術

食事の回数も然り。携帯も然り。持ち物も然り。全てが然り。

どんなに高価なものでも「快適」じゃなければ「いいもの」ではないし、

安くても「快適」なら「いいもの」なんです。なな流は。

 

携帯なんて最もたるもの。

私は持病持ちなので「携帯がない」のは不安です。気分悪くなったとき、連絡できないとさらに不安が増すので。

けれどもななは「スマホ」である必要はありません。外に出てネットすることはないからです。

「自分はスマホじゃなくちゃダメ」という人もいるでしょう。
そこに「自分の理由」があるのなら、そこを節約する必要はないと思います。

 

しかし「今時ガラケーなんて恥ずかしくてカバンから出せない」とか、そんな理由で「すべてのもの」を選んでいては節約がどうこうより「ものに振り回されてる」だけですよね?

 

「不食」と聞いたら「えええ??何で不食??まずは食べないとダメじゃん!」
って、それはあなたの「頭での常識がそうだ」ということであって、

人類が誕生してから、これだけ食べまくってる方が、歴史的、遺伝子的?には「非常識」らしいですよ。

 

本当は「常識ではない」かもしれないことを、たかがこの数年の「常識」に当てはめて何でも考えるから、実は生活が苦しい。という人も少なからずいると私は思います。

携帯はスマホが当然。家族持ちは白ナンバーのワゴンが常識。家を買うなら新築でなくちゃ。。

何だかお金ばかりかかって窮屈ですね(´ε`;)

 

もっともっと「自分の快適」を追求してもいいのではないのかな?

もっともっと「周りの目」から解放されていいのではないのかな?

と、「不食」を驚異に?不思議がる日本人を見てそんなことを思いました。

スポンサーリンク