今やってる方法なので、まだ有名ドコロの「セスキ炭酸ソーダ」などは
試してみてないので、また追記するかもしれません^^

とりあえず、洗濯専花という洗濯ボールと合成洗剤だけで
洗濯している、なな家の方法をご紹介します^^

子ども、旦那様は泥汚れがすごい。一緒に住む両親は肌が弱い。
などなどの理由で、3つくらい洗濯洗剤を使ってるお宅は、
恐らく洗剤を一つにできる(はず)です。
(すみません、まだいい切りはできない^^;)

 

 

スポンサーリンク

汚れのひどいものは、濃い目の洗濯液をバケツに作ってすぐINする。

脱いだ段階でにおっている、旦那の制服、Tシャツは、
その「洗濯液に」即INしてもらうようにしています。
(洗剤に書いてある、つけおきの量に合わせて^^】

あと、汚れたものもバケツにINします。
食べ物汚れや、泥汚れみたいのがひどければ、その洗濯液でもみ洗いします。
時間が少し経ってても、綺麗に落ちました^^

 

あと、月経時に夜汚してしまったパジャマも、1日置いたけれど、
その洗濯液でちょっとがんばってもみ洗いしたら綺麗になりました^^
(血液汚れは少し冷ための水の方が落ちやすいです^^)

汗をかいたくらいのものは
軽くもみ洗い&脱水でそのまま洗濯専花で他の洗濯物も洗っています。

 

洗濯専花って何??

洗剤いらずで汚れが落ちるボールというもので、
汚れがひどくないものは、何もせず、このボールのみで洗っています。

洗剤を一切使わないので、お年寄りや肌の弱い方にも安心して使えます^^
洗濯専花自体の汚れ落ち等は、リンク内ご覧くださいませ^^

 

使う洗剤の少ない洗濯方法で2ヶ月ほどやってみて。。

たまに「あ!これ臭い!」って洗濯物も出てきますがw
安い洗濯洗剤となら大差ないと思います。

元々臭いやすいものはバケツに入れてるのもあって、
毎日のように「臭う洗濯物が出てくる」ということはないです^^

あと、お年寄りが着るような、元々汚れにくい洗濯物こそ洗濯専花は向いてると思います^^

 

逆に、乾いてもまだ臭ってるものはバケツに入れちゃえばいいのよw

 

たまに洗濯専花なしで合成洗剤で洗う週なんかを作ってもいいかも^^

そうすると、すべての物が一回洗剤で洗うことができるので、
密かに残ってた皮脂汚れなんかもとれるだろうし(予想だけど)

肌が弱い人の洗濯物も、月に一回くらいなら、肌の弱さにもよると思いますけれど、
耐えられると思います。
(うちの子が割と弱い方なので、それでも月一くらいなら大丈夫^^)

 

これで基本、安い合成洗剤と洗濯専花のみで、オールまかなえるよ^^

あと、野球とかやってる子に白い靴下等は、
無駄に洗濯を増やす&ストレスになっていけないと思うw

黒なら、とりあえず洗濯液バケツにINして、適当にもみ洗いすれば、
少なくとも「臭い」はしてこないはずですw

白いものは「白くなるまで」やらないと汚いでしょ?
そこまで清潔にする必要ないって。臭わなきゃいいっしょ。

なので、うちの靴下は全員「真っ黒」っすww

 

あとは、やたら「白いTシャツ」にこだわるオットのすぐ黄ばむTシャツを、
どのタイミングで黒にするか。それだけですなww

いや、地味に服の色って洗濯するのに超重要だよw
白いものを、真っ白になるまで洗濯するのは現代に合ってないと思うワタシですw
(なぜかそれが大好きな義母。オットのTシャツ全部洗ってww)

スポンサーリンク