はい。掃除もダメだし、洗濯もロクにできない、何のための主婦?な、マジで節約主婦としか名称のないワタシが、今日もダメダメっぷりを惜しみげもなく披露☆彡w

しかし☆彡なながダメダメなおかげで、ほかの布ナプキンの方とは一味違う記事が出来上がるという、まあなんともお得なワタシヾ(*´∀`*)ノ

ずぼらさんにはきっとお役にたてるであろう、そして、キチンとさんにはお笑いを提供いたします、今回の「布ナプキンの洗い方」でございます^^

 

スポンサーリンク

布ナプキンは一度手洗いを簡単にしてから洗剤バケツに入れる

あれ?みんな常識だったかな??ww

ワタシ、100均で「セスキ炭酸ソーダ」を買って、セスキソーダ水を適当にバケツにいれて、準備万端で布ナプキンを綺麗にするぞ!!と意気込み、汚いまま放り込んだら。。。

「セスキで布ナプキンの汚れ落ち全くダメダメ」

あれ~~~??セスキ使ったらすっごい綺麗になるんじゃなくて??
普通洗剤を溶かしてた時のほうがまだ全然マシなんだけど。。

というか、洗い直し必要かも?ってなレベルなんだけどなぜ?(*´д`)

 

ということで、ネットで「布ナプキンの洗い方」を調べ直してみました。

セスキ買ったんだもん。何とか活かしたい。。

そしたら、一番最初に
「まずは汚れを簡単に手洗いしてからセスキ水に浸けましょう」と。。

あれ??そうだったの(*´∀`*)

今まで、普通洗剤のとき、そのまま入れてたけど??ww

 

まあ、そう書いてあるのだから、じゃあ、汚れは落としましょう。ってなことで、 軽く洗ってから浸けることに。

(血液が見えなくなるまでじゃなくて、表面がさらりと落ちる程度でOK♪)

 

そのあとの「セスキ水」の作り方も重要! 分量通りに!

最初チラッと書いたけれど、1回目は「適当に」セスキソーダを入れたんですね。
適当にというか、ネットに書いてた通りに。

しか~し!100均のセスキの説明を読んだら、全然ネットより分量が多くなければダメだったの(*´∀`*)

 

ということで、今度は「説明書き通りに」セスキ水を作り「布ナプキンを軽く洗ってから」つけおき。

よっし。これでもう「真っ白」な布ナプキンの洗い上がりが楽しみじゃの~☆彡
と思っていたら・・・。

 

セスキソーダで布ナプキン洗い、これでもイマイチダメだった。。

最初よりはかなりいいんですけど、普通洗剤のほうが明らかに汚れ落ちがいい感じ。。

もうセスキはいいや~!!ヾ(*´∀`*)ノ
普通洗剤につけおきしちゃえ~~ヾ(*´∀`*)ノってなことで、

今は普通洗剤につけおきしています。

セスキソーダより汚れ落ちいいです。。

 

ただし、セスキソーダのときはつけおき水が全く臭わないのだけど、普通洗剤は血液の匂いがします。。そのあたりからすると、ちゃんとやればセスキソーダのほうが汚れ落ちはいいんだろうな。。

みんな布ナプキンの方は「セスキでつけおき」してますしね。

 

とりあえず今のところは「布ナプキンは普通洗剤でつけおきしてる」ななです^^;

 

ちなみに、もう早く布ナプキンにチェンジしたいので、4日目あたりから布ナプキンに変えてるのですが、4日目くらいの量だと(もちろん人によって差は大きいと思いますが)

ななの場合は、それなりの量のときもあるので、その時の汚れ落ちはやっぱり「真っ白」までは行きません。

まあ、半年くらい使ってるので、汚れが沈着してるのかもしれないけど。。

 

そろそろ使い古しのTシャツを新しく切りますかな。。

スポンサーリンク