前回、中途半端なIHクッキングヒーターの焦げ付き汚れを
「重曹ペースト」で掃除してみます♪と言って、早速昨日やってみました^^

フフフ☆やっぱり割と簡単にきれいになりました^^
重曹ペーストを30分(軽い汚れ)~2時間(焦げ付き)ほど放置して
くちゃくちゃのアルミホイルでこすったら、とってもきれいになりました^^

3年分の汚れ、一気に解消♪
(ってか3年も汚れ溜めるな!!)

 

 

スポンサーリンク

汚れ落ちは強力でありながら手にやさしい重曹ペーストの作り方

重曹2~3に対して水1の割合で、
「少しずつ」水を足していき、ペースト状にします。

この「水を足す早さ」で、ペースト状態が変わるんですね@@

 

ゆっくりペースで足すと固いペースト状に、
少し早いペースで足すとゆるいペースト状になります。

なので、重曹の中にすぐ水を全量入れてしまうとペーストにならない
可能性があるので、

あくまで「少しずつ」入れていってみてください^^
(アホみたいにゆっくりじゃなくていいよww)

 

「重曹ペーストの保存は密閉容器に」とありましたが、
ななは、めったに重曹ペーストを使わないので、一回分だけ作りました。

 

では、重曹ペーストで掃除する経過図をお見せします^^

まずこれが掃除前の状態。

IH掃除前

重曹ペーストをつけおきしています^^

IH掃除中 重曹

これが掃除前の写真で言う真ん中のコンロのつけおき^^
向かって左もこの「固めペースト」を浸けおきしました。
(約2時間)

 

向かって右コンロの様子

IH掃除中 重曹

「固めペースト」より、かなりゆるいのがおわかりでしょうか?
2回目に作ったので、少し早く水を入れたらこんなになってしまったので、
汚れの軽い右コンロにつけ置きしました。(30分程度)

 

 

さあ!!重曹ペーストでIHクッキングヒーターは綺麗になりましたでしょうか^^

じゃ~~~ん☆

IH掃除後

う~~ん☆ビューティフル~~~~☆

めっちゃ綺麗になったでしょ^^
3年越しのIHクッキングヒーター焦げ付き汚れ^^

 

IH掃除の経過はこんな感じに進みました^^

まず、向かって右の汚れの軽かったIHは、
あのゆるい重曹ペースト状を30分ほどつけおきして、クチャクチャのアルミホイルで
あっという間に、力もいらず綺麗になりました^^

 

その時に、真ん中のクッキングヒーターもちょっとこすってみましたが
かなり力を入れないと綺麗にならない感じだったので、引き続きつけ置き。

(その際、右ヒーターで使った重曹ペーストの残りを
真ん中と左のクッキングヒーターへ移動w
そして、右ヒーターは布巾で拭きます^^)

 

2時間ほど放置して、「もう大丈夫だろう^^」と
残りのIHにとりかかる^^

意外と「力を入れず」にスイスイ綺麗にはならない。。
(力入れれば綺麗になるけど)
そして、重曹ペーストはかなりダマになってしまっていた^^;

 

そこで、「少しだけ」重曹ペーストに水を投入!

 

そうしたら、やっぱり「力を入れず」までは行かないけれど、
昨日みたいに、腱鞘炎寸前とか、全然そこまでの力はいらずw
同じ所を何度かこすったら、どんどん綺麗になっていきました^^

(なんてったって3年越しの汚れですから^^;)

 

そして、あんなに汚かったIHクッキングヒーターは見事きれいになり、蘇りました^^

 

 

重曹ペーストやはりすごい^^

何がすごいのかというと、汚れ落ちもさることながら、
ペーストにしても、重曹水にしても、そのままの粉末でも使い道があることなのね^^

なので、重曹一つあれば、いろんなところの掃除ができます^^

 

つまり、「たくさんの洗剤を揃える」必要がなくなるということ!!

 

最近はほとんど重曹を使っていないので、
これから勉強して、色んな使い道を記事にしていきたいと思います^^

「市販洗剤」よりはるかに効果があるのは確かです。
昔やってましたので。かなり感動の領域ですw

 

ちなみにこのIHクッキングヒーターの重曹は、5年くらい前に買ったやつで、
一応「食品用」だったようで「賞味期限2012年5月」とかになってましたがw
しかも開封して5年くらい経っていましたが、

しっかり封をしてたので、
ちゃんと掃除の役目果たしてくれましたよ^^

 

ちなみに「アームアンドハンマー」という大容量の重曹です^^
(今もありますかな???)

スポンサーリンク