家族といいましても色んな形態がありますが、ここでは
「子連れでの温泉旅行のおすすめ」を書いていきたいと思います♪

子連れの温泉。初めてのときは「お風呂に赤ちゃんイスな~い!」とか「滑るから一人で歩くなよ~」とかたくさんの「ドキドキと発見」があったものデス★

子どもが何歳からだと少しラクになるか。
子連れ旅行だからこそ楽しめる宿を「なな独断」でご紹介します。

 

スポンサーリンク

我が子の場合は2歳くらいから「楽しむ」ことができるようになりました♪

ここで言う「楽しい」のは「親(なな&オット)」です。
だって子どもは2歳じゃわからんでしょ?w

「温泉」=「大きなお風呂」に入るわけで、先ほども書いたように「勝手に一人で歩く、走る心配」があるうちよりは、隣の蛇口で数分でも水遊びくらいできるようになると、その間に自分の体を洗ったりもできるようになります☆彡

 

我が子は歩き始めがちょうどオットの繫茂期に当たってしまったので、毎年行くようになったのは2歳からです♪

「絶対にママから離れない」のが、温泉旅行では「吉」と出て、どこかに行ってしまうこともなく、ママから決して離れることなくお風呂もべったりとw入れました♪

3歳くらいからはパパと入ってもらった。
だって、温泉に来たときくらいゆっくり入りたいじゃん。(パパもか?w)

 

子ども連れで重視したいのは「たくさん体を動かせる遊び場」があるか

PAK96_suieiboudanshi20140726_TP_V

子連れ旅行はこれに尽きます。ぶっちゃけ「遊び場」さえ外さなければ、温泉は諦めて部屋でお風呂に入るなりしてもいいわけでして。

遊園地併設のような、何らかのレジャー施設併設がほぼ必須。

なな家は「遊べるプール」がある、洞爺サンパレスか定山渓ビューホテルが定番でした♪

 

時間を持て余さないようにすると家族みんなで楽しめるよ♪

じっと2~3時間本を読むとか、寝っ転がる。幼い子どもには退屈の極みです。

体を動かすのが好きでない我が子ですら、温泉の部屋で2~3時間テレビくらいしか見ない。というのは難しいです。

 

温泉に入るからには、チェックインの時間あたりに行くと思うのですね。

なので午後3~4時頃から部屋に入る。

夕食は早くても6時だとしても、2時間空いてしまいます。

2時間温泉に入る。これこそ12歳になった今の我が子でも無理。
というか、ななも飽きる。とすると、夕食までの「空き時間」をどう過ごすか。

 

子連れ旅行のカギのは「夕食までの空き時間の過ごし方」ですYO!!

 

実際のなな家の洞爺サンパレス旅行の楽しすぎるタイムスケジュール!!

4:00 サンパレス到着。部屋に着いたら、プールと温泉道具もって即プールへGO!

 

4:20 プールで遊びまくる。波が来て最高楽しいw
滑り台も滑っちゃえ~~♪時間忘れるww

 

5:30 オトコ組腹が減ってきたので温泉に入る。ななは一人でゆったり~~♪

 

6:30 バイキング形式の夕食~~!!
食べまくっちゃう息子&オット。オット普段の粗食から解放され至福のひとときww

  • バイキングは我が子は自分で取ることが難しいので、ママが子どもの分を取って、パパと食べてる間に、ママの分を持ってくる。という方式でやっていました。
  • ママは食べるの遅いので、2人には先に部屋に帰っててもらってました。
    この静かなひとときがママにとっては至福♪

 

8:30ころ? 洞爺湖花火!!

  • 小さいころは部屋から見ていたのですが、5歳くらいから外に出て見てみました。
    やっぱり外は迫力あってイイね♪
  • 部屋の中からでも十分に楽しめます♪

 

9:00 3人爆睡。楽しかった~~~♪

 

というようなスケジュール。退屈するヒマ全くなし♪

「宿についてから夕食」までの時間が子連れであれば「思い切り遊べる」ように考えておくと、子どもが「退屈~~!」と暴れることなく、楽しく過ごせるコツかな?と思います♪

 

なな家は洞爺サンパレスか定山渓ビューホテル。また行くぞ~~!

ななパニック障害で、ななは5年旅行には行っていません。

「ガトーキングダム」も宿泊施設。プールも温泉もあり、ななの体調が崩れたら自宅に帰ることも可能な距離なので、最初はガトキンからスタートしてみよう!と計画が上がっています♪

 

ななが元気だったら、このブログで1年に1回は
「今年はサンパレス♪来年はビューホテル♪」という記事が上がっていたのですよ♪

5年以上経ってもスケジュールまでしっかり覚えているくらい、なな家にとって「旅行」は楽しいものなので、家族旅行費は「家族の思い出」への「投資」デス♪

スポンサーリンク