医療費控除とは、1月1日から12月31日までの1年間に10万円以上医療費を払った場合、「税金が還付される」制度です。

所得が低いと年間7万円程度でも還付される場合もありますが、あくまでも「税金の還付」ですので、所得税、住民税非課税の世帯は医療費控除しても、戻す税金がないですので、医療費控除は使えないと思われます。

課税されていれば、戻り額がありますので、特に多額の医療費を支払った場合は、ご家族分でも大丈夫。確定申告を忘れずしましょう!!

 

スポンサーリンク

控除の際、10万円は差し引かれますのでお間違えなく( ´▽`)

「10%の課税がされている場合、10万円の医療費を払ったら1万円戻る」っていうから、かなり助かる控除だな~!

と思って夫の所得で計算してみたところ。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

医療費控除計算

あれ?1500円の還付(軽減)ですが??www

そう!年間にかかった医療費の「10万円の10%」と言う計算じゃないんですね!

医療費控除額=(医療費控除の対象になる医療費 - 保険金等で補てんされた金額) - 10万円(総所得200万円未満の人は総所得金額等×5%)

 

総所得200万円未満の場合の計算が多少複雑になります。

うちの場合も総所得200万円未満ですので、少し複雑です。これは、低所得層の負担を減らすための措置だそうです。

 

交通費をかけて税務署に行く場合は、交通費の方が高くなりませぬようご注意くださいませ。

 

多額の医療費を払った場合は医療費控除は忘れず申告しましょう!

これがもしも、大病をして年間50万円の医療費がかかったとします。
扶養家族分の医療費も合算できますので、どうぞお忘れなく一緒に足してください。

家族分年間50万円払った場合で計算すると

医療費控除計算

そう。控除計算後(40万円)からの計算となります。

 

生命保険から保険金がおりた場合は、保険金額は引かれて計算されます。

医療費控除計算

仮に1年で10万円医療保険からおりた場合、戻り金額は45000円となります。

 

税金計算ツールを使って還付額を確かめてから確定申告へ出かけよう^^

例えば、1500円の還付金。

決して小金ではございません。

 

しかし、うちの場合ですが、もしも最寄りの税務署まで交通機関を使っていくとなると

片道530円かかります。当然帰らないといけないわけで1060円かかります。

となると、実質400円程度の還付金になります。

 

車で行けば激混みするので、ここも「時給」で考えた場合、3時間以上はかけたくないですよね。。(ゆうに3時間かかりそうな感じですが。。)

 

というわけで「交通機関等を使っても十分に還付されるかどうか」も、地味にかなり重要かもしれません。

「医療費控除だけ」のために確定申告へ行く場合は少しご注意ください。。

数年前、両親が「4時間くらい待って、1500円しか戻ってこなかった!もう行かねー!!」と激怒していたのでw

 

フリーランスや自営業の方は、必ず確定申告しなければいけないので、ぞの際、一緒に医療費控除を出せばいいわけで、その点はラッキーかもですよね♪

スポンサーリンク