世界一受けたい授業の中で「骨健康術」というのをやっていまして、その中で

「20秒早歩きしたあと10秒ゆっくり歩く」
この方法だと骨が弱くなりにくい。というのをやっていまして、

もちろん骨も丈夫にしたいのですが、ただウオーキングするより何かおもしろそうかも♪と思い、今やってきました。

 

スポンサーリンク

緩急ウオーキング、思った以上に疲れます!効果ありそう!

なんとですね

「5分間、20秒早歩き10秒ゆっくりあるく」をすることで、1時間分のウオーキング効果と同じくらいの運動量があるんですって!

 

とにかく体力をつけたい。しかし長い時間一人で歩くのは少しだけ怖い。という私にとっては、
「5分で1時間のウオーキング効果」が何よりも頭に焼き付いてですね。

歩いて5分程度のところに銀行がありますので、用事を足しがてら、この「緩急ウオーキング」やってみました!

 

3分もしないうちにかなり疲れたので、そこからは普通に歩いた^^;

初めての挑戦だったのですが、決して「走って」はいないのに、早歩きとゆっくり歩きをするという変化をつけるだけで、「相当」疲れてきます。

健康なアラフォーくらいの方ならばどうなんだろ?

 

ななはパニック障害で体力が落ちているので、格段に効果があったのがわかりました!!

というか、うん、30分休まず歩き通したみたいに足痛い。。

 

ウオーキングという有酸素運動はパニック障害のみならず、様々な病気の方に勧められる運動法なのですが、今までは散歩みたいに歩いてたせいか、

20分くらい歩いても「息が切れる」ことってなかったんですね。

 

本当は「息がほどよく切れる程度の運動を」と、パニック障害の治療本には書いてあるので

「う~ん。もっと時間を伸ばせばいいのかな?でも距離が遠くなると歩きじゃちょっと怖いしな~」なんて思っていたりしたのですが、

 

NO♪NO♪

「20秒早歩き、10秒ゆっくり歩く」を繰り返してごらん♪

3分で息切れたぜ~~♪

「THE・インスタント有酸素運動発掘!!」

 

もちろん持病のない方でも効果があるそうですよ!!

もともとは病気の治療のウオーキングではなくて(多分)
「骨の老化をゆっくりにする運動」なんだそうです。

 

  1. 骨が老化すると、家で転んで骨折ということにもなりうる。
  2. 骨折が元で1週間ほど安静にした
  3. 安静にしてると筋肉が落ちる
  4. ご高齢の方ですと、落ちた筋肉を取り戻すことが難しくなり、そのまま寝たきりに。。

 

というパターンがあるそうで、私自身も入院中3週間ほぼ安静状態で過ごしていたら、
50%回復かな?までには軽く半年はかかりました。

ちなみに、筋肉落ちすぎたせいか何かわかりませんが、退院後3ヶ月くらいは寝たきりに近かったです。

 

36歳のときでこれですからね。もし70歳で骨折してしまったら、確実寝たきりの道な予感がしますので、

パニック障害の有酸素運動&骨の老化防止のために、続けていきたいと思います☆彡

 

変化があるので、普通に歩くよりけっこう面白いですよ♪

雨が降った日は、家の中で「20秒早く、10秒ゆっくり足踏み」でもいいそうですよ♪

スポンサーリンク