「障害者手帳」というのは、療育手帳、身体障がい者手帳、精神障がい者手帳などを指し、
私自身も「精神障害者手帳3級」で申請が通り、今、手元にあります。

精神障害者手帳は特に、自治体によって、金銭的なメリットはかなり違うようなので
(身体障害者手帳もそうかもしれません)

自治体の「障害支援課(のようなところ)」に、
詳しいパンフレットがあるはずなので、それを入手してみてください。

 

スポンサーリンク

障がい者手帳の金銭的なメリット

そこそこの自治体で差があるらしいのですが、
私の住んでいる自治体の場合でお話しますね^^

なお、「精神障害者手帳」の場合です。

「身体障害者手帳」や「療育手帳」ですと、もっと幅広いメリットがあると思いますよ^^

 

1つ目 「等級」に関係なく該当するメリット

1、住民税、所得税の減免(免除ではないです。0にはなりません)

うちは、子どもが療育手帳をもっていて、税金が控除になっているので、
私が該当になり、2人分の控除が効きます。

 

2、自動車税1台分減免(うちの自治体は、軽自動車は全額免除になるようです^^)

3、預貯金の利子に課税なし(ちょっとですよね^^;)

4、携帯電話割引サービス

障害者手帳をもっていると、ソフトバンクの場合
「ハートフルフレンド割引」というのが効きまして、

ソフトバンクの3G回線ですと、非常に安く携帯電話を持つことができます^^
リンク内、ぜひご参照ください^^
(身体障害者手帳、療育手帳、すべてに当てはまります)

 

2級以上(1級が一番重い)

1、生活保護の障害者加算

2、公営住宅の優遇措置

さらに1級ですと、いろいろメリットもあるのですが、

精神で1級となると、おそらく長期入院されてるような方が該当になると思うので、
これを読むことができる方は、1級申請は難しいかもしれませんね。。。

(ご家族で該当の方がいらっしゃる場合、主治医やケースワーカーに聞いて
みたらいいかもしれません)

 

2つ目 レジャーの割引施設が多い

これはかなり助かります。
療育手帳や身体障碍手帳の場合ですと、付き添い一人も無料になるところもあります。

私自身、ほぼ引きこもり状態のときはあまり感じなかったメリットなのですが、
今、自立に向けて外出していく、その時になって、ものすごくありがたい制度だと思っています。

ほぼ家の中だけの生活だった強烈な外出恐怖から、
障がい者手帳で行ける範囲が広がった世界は、本当に計り知れません。

 

また、療育手帳は我が子が持っておりますが、大きくなるにつれて、

「無料でレジャー施設に入れて助かる」という短絡的なことではなくて、
「自立に向かっていくための経験を多くさせてあげる」ための手帳でもあるのだな。と感じています。

 

3つ目 福祉就労での就職ができる

私の場合ですと、まだ普通のところでパートに行くのは難しいです。
(H28年1月現在)

福祉就労ですと、障がいの状態を見て、一日1時間からのばしていったりもできるようで、これならば、私でも幾ばくかかもしれませんが、収入を得ることが可能になりそうです!

 

息子の場合ですと、一日8時間労働はこなせると思いますが、
普通の就職先では、指示がわからずに務まりません。

「このインクなくなったら補充しておいて」

健常者の場合、どのインクか、どこに補充すればいいのかを聞けば、あとは、何回同じ指示がきても仕事をこなせますが、

我が子の場合、その場では何とか理解したとしても、次同じことを指示されたとき、

もう一度、インクのある場所から始まり、どのように補充するかを1から10まで聞いて、
70%できれば立派。という状態です。

 

普通の会社ではこれではお勤めは難しいわけでして。。

 

しかし福祉就労は、我が子に合った方法での仕事の仕方を教えてくれますので、
(福祉就労は先生のような人がいるようです)

社会に出ていくための訓練をすることができます。

 

「障がいがあっても、働きたいときは福祉就労がある!」と思えることは、障がいのある人にとっては、大きな自立の支えになるはずです。

 

まとめ

「障害者手帳のメリット」というと、少なからず批判もあるのですが、健常の時代が長かった私としては、障がいを持つことは、思った以上に大変なものです。

ですので、本当につらい人は、我慢しないで、
「障がい者手帳申請したいです」と主治医に言って下さい。

 

誰も教えてくれませんのでね。(精神科や病院に通ってても)
もしものときのために、知識として持っていてくださいませ^^

スポンサーリンク