1年くらい前からかな~?「これは過多月経ってやつだよね?」という症状が出ていました。ななの場合は「ナプキンを重ねてこまめに取り換える」ことでまだどうにかなります。

しかしですね。生理中のふらつきがハンパないんですわ。ということで婦人科へ。。

 

「過多月経&貧血」が重なると、少し前だと「子宮全摘」が第一選択だったようなのですが、なんと!数年前から画期的な治療法ができたとのこと(#^^#)

「今はね~子宮を取ることないんだよ」

おお!手術しなくて済むなんて画期的すぎる~~!!よかった~。

 

スポンサーリンク

過多月経が原因?血液検査の結果、ななの人生最低のHb9,4

今までは「生理中は外には出ません」で通してきましたが、パニック障害の方が調子よくなってきたので、生理中も最小限くらいの外出はしたいし、しなければならないこともあります。

てなことで、パニック障害の主治医に生理中のふらつきと月経量が多いことを話すと、それなら血液検査で貧血の検査をしてみましょう。ということに。。。

 

妊娠中をのぞき、Hb13台がななの定位置じゃったの。

授乳時に気になって血液検査した時も、Feこそ30くらいになったけどHbは13台。

そんなワタシが。そんなワタシが。

看護師:「血色素量(Hb)9.4、Fe26で「軽い貧血」ですね~」

なななな

は?は?9.4?なな的には全然軽くね~~!!

ちなみに正常の下限が11.5。ずっと13台で来てたななにとっては「軽い貧血」じゃな~い!

 

子宮筋腫を覚悟して婦人科へ臨んだけど、子宮筋腫自体は2センチで小さかったです

OZPA87_shinsatusuruisya20140321_TP_V

10年ほど前に診てもらったときは「筋腫もないよ、きれいだよ」と言われたななも、こちらも人生初の「子宮筋腫あるね~」の診断。

「でもこれが過多月経の原因になるほどの悪さはしてないと思うけどな~」

あれ?じゃあ何が原因?

先生:「大丈夫、秘策があるんだ」

お?お?秘策って何、何??

 

過多月経の治療に光!?子宮内にミレーナ装着することで月経量が減る!らしい!

過多月経に貧血を伴ってしまった場合、数年前までは「子宮とろうか?」が第一選択だったようなのですが、この「新しい治療法」は「入院もなく」「数分で装着終了」という嬉しいもの♪

過多月経の治療 ミレーナ

子宮内黄体ホルモン放出システム ミレーナのHPより

 

ミレーナというのは、元々は避妊リングだそうです。

ピルは飲む。ミレーナは子宮に装着。なので説明書ではピルに出やすい吐き気などは出にくい。と書いてありました。

過多月経の治療と言えば「ピル」というのは何となく知っていた。しかし精神科の薬と併用するのってどうなんだろう?とかそれはそれで不安だったの。

もちろん手術も不安だったし。。。

 

ミレーナは子宮に装着。しかも数分。一度装着すれば最高5年間は持つ。

子宮に異物をいれるわけですから、ノーリスクではないでしょうが、異変を感じたらそれも数分で外せるようなので、その部分もななとしては安心です(#^^#)

 

約15000円程度で、過多月経や異常なふらつきが治まるって嬉しい!

まだ装着してません。生理中に装着します。

月を追うごとに月経量が少なくなるようで、そうすれば貧血も改善してくると言われました。

貧血改善=ふらつきも収まる。

ネットで少し調べると1年ほど経つとナプキンもいらないほど少なくなる方もいるようでして、それもプラスで嬉しい☆彡

とにもかくにも「生理中のふらつき」を軽くしたいですのでね。

 

過多月経の治療でミレーナを装着する場合、保険診療になるので15000円前後と言われています。実際に装着した様子や金額、定期検診等、随時追加します。

スポンサーリンク