以前ご紹介した、
「ビタミンCをとる」「緑茶でうがい」の方法が、
なぜ風邪に効くかを記事にしてみたいと思います^^

 

以前の記事は、「風邪を早く治す方法」のみをご紹介したのですが、
「どうして??」がわかると、取り入れやすいでしょ^^

なので、昨日から風邪気味になってしまったななが^^;
今、一生懸命やってる療法の理由を今回はお話します^^

 

 

スポンサーリンク

ビタミンCが風邪に効く理由

まず、「風邪薬」というものは今存在しないって知ってました??

「風邪薬」と謳っているものは、
「鼻水を止めたり」「咳を鎮めたり」(一時的にね)
するだけのものであって、

「風邪を治す」ものではないんですね。

 

あくまでも「症状を少し緩和する」効果しかないです。

 

風邪をひいて、のどが痛かったり(←今なながこれ)
鼻水が出たりするときには「白血球」というものが活発に働いて
風邪を治そうとするんですって。

そのときの「白血球の働き」を助けてくれるのが「ビタミンC」なんだそうです。

 

つまりは、「風邪を治そう」とする体の働きを外からも取り入れて
白血球の動きを活発にしてあげて、早く治そう!
ってな仕組みのようです。

 

ただ、このビタミンC風邪療法は、前も書いたように、
「意味がない」とはっきり言っている医師も多いです。

 

でも。でも。
少なくともななは、「とてものどの痛みに効きますよ^^」と言われた風邪薬より
ビタミンCと徹底緑茶うがいのほうが、痛みは格段に違います。

というか、

とにかく「あれ?風邪ひいたな」と思ったら即やっておけば、
痛くてたまらない!!!という事態になったことはないです^^

今も、のどは多少痛い程度です^^

(ビタミンC療法を知る前は、涙が出るくらい痛くなっていた^^;)

 

 

徹底緑茶うがいの効果

まず、なぜ緑茶かというと、「カテキン」というものが豊富に入っていて、
「カテキン」は殺菌効果が非常に高いんだそうです^^

プラス「熱い湯」自体も殺菌効果があるため

「熱い緑茶でうがい」というのは、思い切り殺菌効果ありなのね^^

 

ただ、ななは猫舌だし、「濃~~~~~い緑茶」を作りたいので、
急須に熱いお湯を入れて、10分以上は放置してます。

これでかな~~~~~~り濃い緑茶と、
ちょっと熱め??なお茶ができますので、

 

「ちょっと熱いけど我慢!!」でうがいしちゃいます^^

 

これは、もう暇なしやってください!

そうね、家にいるなら1~2時間に1回くらいのペースで^^

 

ビタミンCは一応「第3種医薬品」になっていますが、
緑茶も「副作用」の出にくい治し方ですので

(現に、精神薬7種類飲んでる私でも普通にやっているので)

 

しかも、なな自身は、「風邪薬単体」よりはるかに効果のある風邪の治し方ですので、
「あれ?風邪引いたかな?」と思ったら、即、試してみてください^^

 

病院の風邪薬よりも何よりもすぐ効くし^^
しかも、病院で新しい風邪をもらう心配もなし^^

その病院で待ってる間、家で寝てたほうが、引きはじめなら体に優しいはすです^^

 

地味に医療費削減でもありますよ^^

スポンサーリンク