風邪を引いて、のどが痛くなって熱が出た!!
と言ったら、もう真っ先に病院に行かなくちゃ!!
って思う方もいるかもしれませんが、

大人の場合なら、他に「猛烈に頭が痛い」などの「いつもと違う」
何かがない限りは、家で療養し、治すことができますよ^^

ツライ中、病院待つほうが大変だよ^^

 

私、数年ぶり??というくらいで、
前回の記事ののど痛のあと、38.2度まで熱が出て^^;
久々で辛かったです><
(けっこう熱には強いんですけどね)

なので、コメント返信等、遅れており申し訳ありません><

 

 

スポンサーリンク

まずは緑茶うがいとビタミンCで叩いておいてたのだが。。。

辛くなり始めたのが、運悪く土曜日。。。

しかも!!子どもも風邪の治りかけ(というかほとんど治っていたが)で、

「おばあちゃんちで遊んでれば大丈夫だよ」
と言っているのに、

旦那が「どこにも出かけられないのに、おばあちゃんち行ってもすることないし」
とか言い出し、家にいるんだもの(怒)

 

家にいるからには、料理はうどん一つ作れないオットなので、
結局ツライ中私が3人分作るはめになり、
(弁当とかヘビーなもの食べたい気分じゃないし、子どものためにもと思い。。)

安静にしたいと思っても、テレビは大音響でガンガンかかってるし
(普段消してますので)

 

もう、超ストレス!!!!!

 

って感じでww
多分、補給したビタミンCは全部ストレスで消耗しちゃってww
肝心の「白血球を助ける」役目まで果たせなかったと思うww

 

ってなわけで、久々にあの熱の上がるツライ思いをしましたー^^;

 

 

熱が上がってしまったら、ポカリではなくOS-1に切り替える

熱が上がってきたら、緑茶うがいなんかもだんだんする気力がなくなってきて、
「寝ていたい。。」が一番になってきますよね。。

その「寝ていたい」体の声をしっかり聞くのが大事☆
元気なときから「体の声を聞く」て大事だよね^^

 

「寒気のしてるときは暖める」
「暑くなったら、毛布を一枚とる」

というのも、全部「体の声」にしたがってやっていきます^^

 

そういうわけで、ななは寝るのを優先しちゃいます。
ビタミンCもやめ(やってたほうがいいかもしれないけど)

ポカリでしてた水分補給をOS-1に切り替えるのが、一番ラクになります^^
(とりあえず今回はなりました^^)

 

風邪で寝る

OS-1とは??

本来は、下痢嘔吐や高い熱が出て、食事が摂れない際に、
医師の指導のもと飲む「点滴の飲用バージョン」みたいなものです。

食事が摂れなくても、OS-1が飲めていればひとまず安心みたいな
かなり「脱水状態に効果の高い」ものです^^

 

2、3年くらい前までは、薬局でしか見なかった気がするのですが、
今は、ドラッグストアでも売っています^^

なな家は、常時2~3本ほど用意しています^^
(賞味期限が意外と短いので、家族の量に合わない大量買いはオススメしません)

 

まあ、ななは食事は少し取れていたのですが、
もう、この辛いときはOS-1でしょと思って、
OS-1をこまめに飲みながら、熱をしのいでいました^^

 

おかげさまで、熱が上がりきったら、少しずつ下がり始めて、
気分もだいぶよくなりました^^

 

今は、多少のどの痛みが残る程度で、だいぶ元気ですよ♪
(もう普通に家事もやってます♪)

 

 

微熱のときのお風呂は??

これ悩みますよね。。。

これこそ「体の声を聞き」ましょう^^

例えば、なな、土曜日18時ごろ。熱は36、8度でした。

熱だけ見たら、お風呂はいれますよね??
でも、もう、熱上がる前の悪寒みたいのは始まっていて、
「とにかく寝たい」が一番でした。

なので、この日は風呂はパス。

 

次の日、16時ごろ。熱37,2度。

ちょっと迷いますね^^
でも、夜中38,2度まで出て、体も頭もしっかり汗をかいてしまったので
多少のだるさはありましたけど

「お風呂入りたい!!」気持ちのほうが圧倒的に多かったんですね。

なので入りました^^

そしたら、一気に熱もさがり、気分も相当よくなりました^^

 

お風呂も、「数字」ではなくて、「体の声を聞く」方式なら
風邪の治り方も違ってくるんだなーという感想です^^

 

そんなこんなで、あくまでも病院は行かずにw
治してしまう、なな流風邪撃退法でした^^

 

(なんか、普段とは違う!!というときは、迷わず病院へ!!)

スポンサーリンク